印刷版   

6月5日、バーナンキFRB議長、米経済は減速始めるもンフレに引き続き警戒が必要との見方示す(2006年 ロイター/Joshua Roberts)

米経済は減速始める、インフレに引き続き警戒=FRB議長

 米連邦準備理事会(FRB)のバーナンキ議長は5日、全米銀行協会主催の国際通貨会議(IMC)で講演し、米経済が成長減速局面に移行し始めたとしながらも、FRBはインフレ抑制を確実にするため引き続き警戒する必要があるとの見方を示した。

 議長は講演原稿で、「米経済が過渡期に入っていることはかなり明らか。予想されていた経済成長の減速が現在始まっている」と述べた。

 コアインフレ上昇については懸念を表明した。

 また、バーナンキ議長は、米消費者の財務状況はかなり良い状態にあり、金利上昇にも関わらず、消費者の抱えている負債が今後の懸念となることはない、との認識を示した。

 議長は、「現在の状況下で、総体的な米消費者の財務状況は以前より向上している」と語り、「負債がかなり増加したことは事実だが、資産もかなり増加しており、財産は所得と比較してここ数年比較的高水準に上昇した」と指摘した。

 議長は「今後、もちろん懸念事項は、高水準の金利が債務返済の調整へとつながることだ」と述べた上で、ただ、米国民のかかえている負債の大半は、数年の間は返済額が変わらない長期固定金利型か金利調整型だと指摘した。
(ロイター6月5日=ワシントン)

 (06/06/06 07:48)  





■関連文章
  • 中国経済の現状と展望 その七(06/04/26)
  • ホワイトハウス:米経済は強く成長(06/04/12)
  • 米誌:推薦クルマランキング、日本車がトップ(06/03/10)
  • 中国消費者、団体購入が流行(06/03/07)
  • 米通商代表、対中貿易赤字で知的財産権問題を指摘(06/02/18)
  • 米国の対中貿易赤字、過去最高を記録(06/02/13)
  • 米国:中国製ベビー玩具椅子61万脚、緊急回収(06/01/22)
  • 中国大陸の公害、海外にまで飛び火(06/01/18)
  • W杯サッカー競技場、安全対策の欠陥、独・調査機関指摘(06/01/13)
  • 広東省:シックハウス症候群で、年間210万の児童が死亡(06/01/03)
  • 中国不動産:専門家、5年間のベア・マーケット期に突入の予測(05/12/24)