印刷版   

6月20日、中国政府は北朝鮮のミサイル問題で関係各国に緊張緩和努力を要請。写真左は中国の李肇星外相。5月撮影(2006年 ロイター/Andrew Winning)

中国政府、北朝鮮のミサイル問題で関係各国に緊張緩和努力を要請

 中国は20日、北朝鮮が長距離弾道ミサイル「テポドン2号」の発射実験を計画しているとされる問題について、緊張緩和に向けた措置をとるよう関係各国に要請した。ただし、ミサイル発射の準備については、詳細は分からない、との立場を示した。

 米当局者は、北朝鮮が発射実験に向け燃料注入を終えた可能性があることが、衛星画像などによって示されている、と指摘。米国、韓国、日本は、地域の安全に深刻な脅威をもたらすとして、懸念を強めている。

 中国外務省の報道官は記者会見で「最近の報道には注意を払っているが、中国は詳細情報は持っていない」と述べた上で「すべての関係各国が状況改善に向けた措置をとることを望んでいる」との考えを示した。


[ロイター20日=北京]

 (06/06/20 19:47)  





■関連文章
  • 北朝鮮人権法、国会で承認可決(06/06/20)
  • 「北朝鮮は弾道ミサイルの実験試射を凍結し、6カ国協議に復帰すべき」=米大統領報道官(06/06/20)
  • 北朝鮮がミサイル発射すれば、米と連携し厳しく対応=首相(06/06/19)
  • 北朝鮮ミサイル発射なら日米で厳しく対応=官房長官(06/06/19)
  • 石川製作所株が大幅高、テポドン発射観測から連想買い(06/06/19)
  • 北朝鮮がミサイルに燃料充てんした公算=米政府当局者(06/06/19)
  • 日米、「テポドン2号」発射中止を要求、経済制裁、安保理開催も(06/06/19)
  • 北朝鮮、長距離ミサイルへの燃料注入の可能性=聯合ニュース(06/06/18)
  • 北朝鮮が今週末にもミサイル発射実験を行う可能性=米政府当局者(06/06/16)
  • キム・テホ教授、「北朝鮮の閉鎖性が中国の半島影響力を制限」(06/06/15)
  • ミサイル発射が差し迫っているとの認識ない=テポドン報道で官房長官(06/06/13)
  • 米韓両国、北朝鮮ミサイル発射を警戒(06/06/09)
  • 北朝鮮が金英男さんの所在確認、母親との面会提案=朝鮮中央通信(06/06/09)
  • マカオの銀行への金融制裁で、北朝鮮との関係絶つ動き=米財務副次官補(06/06/06)
  • 北朝鮮で軍用列車が衝突事故、千人以上が死亡か(06/06/04)