印刷版   

6月23日、福井日銀総裁は「職責を十分全うしていきたい」と、辞職を否定。昨年9月撮影(2006年 ロイター/Toru Hanai)

指摘を受け止めながら、職責を十分全うしていきたい=日銀総裁

 福井日銀総裁は23日、「職責を十分全うしていきたい」と述べ、あらためて辞職を否定した。参院財政金融委員会で峰崎委員(民主)の質問に答えた。

 峰崎委員が、市場から疑念を持たれており、辞職すべきと指摘したのに対し、福井総裁は「指摘を受け止めながら職責を十分全うしていきたい」と述べた。

 さらに「批判は十分心の中で消化しながら、全身・全霊を傾け、職責を務める。これは嘘偽りない気持ちだ」と繰り返した。

 [ロイター6月23日=東京]

 (06/06/23 11:33)  





■関連文章
  • 月例会議で日銀総裁から謝罪めいた発言(06/06/14)
  • 小泉首相:日銀総裁の村上Fへの資金拠出、問題ない(06/06/14)