印刷版   

7月27日、仏ルノーのゴーンCEO、GMとの提携を絶対視せず。21日撮影(2006年 ロイター/Toshiyuki Aizawa)

仏ルノーのゴーンCEO、GMとの提携を絶対視せず

 仏ルノーのゴーン最高経営責任者(CEO)は27日、米ゼネラル・モーターズ(GM)と日産自動車との3社提携の可能性について、是が非でも実現を目指すほどのコミットをしているわけではないと述べた。

 記者団に対し「短期、中期、長期的にみて利益があるなら、(ルノーと日産の)提携をGMを含めたものに拡大するだけだ。とりあえず提携のシナジー効果を検討し、株主の意見を求める。10月15日までに(潜在的なシナジー効果を示す)数値を検討し合意を願いたいという旨だけを伝えた。数値を基に判断する」と話した。

(ロイター7月27日=パリ)

 (06/07/28 08:13)  





■関連文章
  • ゴーン社長、3社提携でGMの経営にかかわる可能性排除=CNBC(06/07/14)
  • 米GM、日産自・ルノーとの提携を迅速に検討=ワゴナー会長(06/07/14)
  • ルノー、3日にGM・日産との提携検討=仏経済財務産業相(06/07/03)
  • 米GM、3万5000人が早期退職制度に応募(06/06/27)
  • 米国で燃料電池駆動貨物車デビュー(05/04/16)