印刷版   

8月30日、イスラエルのオルメルト首相(右)は、国連のアナン事務総長が求めたレバノン封鎖解除を拒否。写真は、共同記者会見で。代表撮影(2006年 ロイター)

イスラエル首相、レバノン封鎖解除要求を拒否

 イスラエルのオルメルト首相は30日、同国を訪問した国連のアナン事務総長と会談。アナン事務総長が、イスラエルがレバノンの空・海路封鎖を解除するよう求めたのに対し、オルメルト首相は、国連安全保障理事会が採択した停戦決議がすべて履行されてから解除する、と述べ、事務総長の要求を拒否した。

 オルメルト首相は、イスラエル軍のレバノン南部からの完全撤退についても、停戦決議の完全な履行が条件と述べた。

 アナン事務総長のイスラエルに対する2つの主要な要求は拒否されたことになる。しかし、アナン事務総長はその後「オルメルト首相とわたしとの間に大きな相違はない」と述べている。

 中東歴訪中のアナン事務総長は、レバノン、イスラエル訪問に続き、ヨルダン川西岸のラマラでパレスチナ自治政府のアッバス議長と会談した。その後、ヨルダンへと出発、31日にヨルダンのアブドラ国王と会談する予定となっている。


[ロイター30日=エルサレム]

 (06/08/31 12:44)  





■関連文章
  • ヒズボラ拘束のイスラエル兵、赤十字への引き渡し希望=国連事務総長(06/08/29)
  • イタリア、イスラエル兵士と囚人交換協議への関与に意欲=ヒズボラ(06/08/28)
  • EU、レバノンへの部隊派遣めぐり25日に緊急外相協議(06/08/23)
  • イスラエル首相、イタリアにレバノン国連暫定軍の主導を要請(06/08/21)
  • 国連事務総長、イスラエルとレバノンに顧問と特使を派遣(06/08/17)
  • レバノン軍などの南部展開は2週間以内に=イスラエル副首相(06/08/17)
  • レバノン政府、同国南部での軍隊配置計画を承認(06/08/17)
  • レバノン攻撃で目的を達成=イスラエル副首相(06/08/16)
  • イスラエル軍がレバノン南部から撤退開始、レバノン軍展開へ(06/08/16)
  • 停戦発効迫るなかイスラエルの空爆続く、ヒズボラもロケット弾発射(06/08/14)
  • 国連安保理、レバノン停戦決議を全会一致で採択(06/08/14)
  • イスラエルとレバノン、14日停戦で合意(06/08/13)
  • 中国官製メディアの中東戦争報道から見る「中共のテロ支援」(06/08/12)
  • イスラエルがレバノン地上戦拡大を決定、ヒズボラは反撃強化へ(06/08/10)
  • イスラエル・レバノン最新情勢=9日現在(06/08/10)