印刷版   

9月13日、小泉首相は、退陣後も国会議員として活動していくのが自分の道、と述べた。11日撮影(2006年 ロイター/Bob Strong)

退陣後も国会議員として活動していくのが自分の道=小泉首相

 小泉首相は、退陣後の身の振り方について聞かれ「政治家なので、他の分野で活躍する余地はないでしょう。首相としての経験を生かし、一国会議員として何ができるかを静かに考えたい」としたうえで「基本的に国会議員として活動していくのが自分の道ではないか」と述べた。官邸内で記者団に語った。


[ロイター13日=東京]

 (06/09/13 21:52)  





■関連文章
  • 小泉首相・中央アジア歴訪、資源外交軸に協力関係強化(06/09/01)
  • ポスト小泉特集:海外投資家は人事で安倍氏の手腕を見極め(06/08/28)
  • 小泉首相、終戦記念日に靖国参拝、中国側報道は低調(06/08/15)
  • 米戦略専門家:中共の春暁ガス田採掘は賢明ではない(06/08/09)
  • 15日の靖国参拝、適切に判断するとしか言わない=小泉首相(06/08/03)
  • デフレ脱却と言わないまでも、脱却の兆し出てきた=小泉首相(06/07/29)
  • タウン・ミーティング・イン東京:「多様な機会のある社会」について対話=安部官房長官(06/07/27)
  • 自民総裁選に出馬表明する谷垣財務相、安定感がある=小泉首相(06/07/27)
  • 昭和天皇のA級戦犯合祀への言及、自身の靖国参拝に影響ない=小泉首相(06/07/21)
  • ヨルダン国王、小泉首相と「ドライブ」(06/07/14)
  • 小泉首相、北方領土問題を日露首脳会談の議題に=ロシア紙(06/07/13)
  • 北朝鮮とイランの核開発計画は全世界の平和にとって脅威=小泉首相(06/07/13)
  • 小泉首相、最後の訪米、日米関係の重要性などを再確認(06/06/30)
  • 首相が「世界の中の日米関係」強調(06/06/30)
  • 8月15日の靖国参拝、そんなに争点化しようとしなくてもいい=首相(06/06/26)