印刷版   

消費税、基礎年金国庫負担上げ財源としての位置づけを検討=政府税調会長

 政府税制調査会(首相の諮問機関)の石弘光会長は12日、総会終了後の記者会見で、「中期答申」に代わる会長談話を発表。消費税について、2009年度の基礎年金国庫負担引き上げの財源として位置づけることについて検討する必要があるとし、社会保障目的税化についての検討を明記した。


[ロイター12日=東京]

 (06/09/12 18:05)  





■関連文章
  • 香港特区政府、消費税導入を正式発表(06/07/18)
  • 道路特定財源の一般財源化、2007年度予算編成で対応=安倍官房長官(06/06/28)
  • 将来消費税の増税を提案せざるをえない時が来る=谷垣財務相(06/06/24)
  • 消費税上げの具体化、08年度改正以降になる見通し(06/06/17)
  • 社会保障の安定財源確保、消費税の目的税化を示唆=財政審の論点整理(06/06/15)
  • インタビュー:消費税上げざるを得ず=自民参院幹事長(06/06/12)
  • 中共政権、4月から新消費税を始動(06/03/25)