印刷版   

10月22日、イスラエルのイシャイ通商産業相は同国軍にガザ地区南部のエジプトとの境界付近を再び占拠するよう要請。写真ガザ地区北部で撮影のイスラエル軍兵士(2006年 ロイター/Amir Cohen)

イスラエル、ガザのエジプト境界付近を再占拠の構え

 イスラエルのイシャイ通商産業相は22日、同国軍に対し、パレスチナ自治区のガザ地区南部のエジプトとの境界付近を再び占拠し、パレスチナの武装集団によるエジプトからの武器の密輸を阻止するよう要請した。

 同相は、記者団に対し「行動はためらうことなく取らなければならない。ためらうのは危険だ。直ちに行動しなければならない」と語った。

 イスラエルはパレスチナの武装集団によるロケット弾攻撃を食い止めるためガザ地区への侵攻を強めている。これまでパレスチナでは250人以上の死者が出ており、これらの半数の犠牲者は市民となっている。

 パレスチナ自治政府のハマド報道官は、イシャイ通産相の要請について、イスラエルがガザ地区を再び占拠する策略の可能性があるとして非難。「境界地帯の占拠要請は行き過ぎており、イスラエルの攻撃激化を誘発するものだ」と指摘した。

[エルサレム 22日 ロイター]

 (06/10/23 12:35)  





■関連文章
  • イスラエル軍、レバノンからの撤退を完了(06/10/01)
  • イスラエルのオルメルト首相、近日中にアッバス・パレスチナ議長と会談=ラジオ(06/09/29)
  • イスラエル、レバノン空路封鎖を解除(06/09/08)
  • 国連事務総長、イスラエル兵解放交渉で仲介者指名へ(06/09/05)
  • イスラエル首相、レバノン封鎖解除要求を拒否(06/08/31)
  • ヒズボラ拘束のイスラエル兵、赤十字への引き渡し希望=国連事務総長(06/08/29)
  • イタリア、イスラエル兵士と囚人交換協議への関与に意欲=ヒズボラ(06/08/28)
  • イスラエル首相、イタリアにレバノン国連暫定軍の主導を要請(06/08/21)
  • 国連事務総長、イスラエルとレバノンに顧問と特使を派遣(06/08/17)
  • レバノン軍などの南部展開は2週間以内に=イスラエル副首相(06/08/17)
  • レバノン政府、同国南部での軍隊配置計画を承認(06/08/17)
  • レバノン攻撃で目的を達成=イスラエル副首相(06/08/16)
  • イスラエル軍がレバノン南部から撤退開始、レバノン軍展開へ(06/08/16)
  • イランは武装勢力への支援を止めなければならない=米大統領(06/08/15)
  • 停戦発効迫るなかイスラエルの空爆続く、ヒズボラもロケット弾発射(06/08/14)