印刷版   

 10月16日、ロシアのトルトネフ天然資源相は、天然ガス開発事業「サハリン2」について、環境対策の提示がなければさらなる制裁に直面する可能性があると述べた。10日撮影(2006年 ロイター/Lehtikuva Lehtikuva)

サハリン2、環境対策の提示なければさらなる制裁も=ロシア天然資源相

 ロシアのトルトネフ天然資源相は16日、英蘭系石油メジャーのロイヤル・ダッチ・シェル(RDSa.L: 株価, 企業情報, レポート)が中心となって進めている天然ガス開発事業「サハリン2」について、ロシア政府の環境上の懸念に取り組む計画が提示されなければ、さらなる制裁に直面する可能性があると述べた。

 同相は記者団に「もし同社が環境上の被害を除去する包括的計画を示せば、事業を中止させる意味がないことは明白だ」が、「もしそうした措置が提案されなければ、その場合はわれわれの側からあらゆる形の制裁を科すことが無条件に可能となる」と語った。

[モスクワ 16日 ロイター]

 (06/10/17 08:11)  





■関連文章
  • ロシア中銀、外貨準備として円の購入を開始=中銀幹部(06/10/16)
  • サハリン1、本格的な原油輸出開始は1─2カ月後に延期の見込み(06/10/12)
  • ロシア国防相が北朝鮮核実験を非難、武力行使は望まず(06/10/11)
  • 「反プーチン」ロシア人記者、自宅マンションで射殺体で発見される(06/10/09)
  • 国際石油、アザデガン油田権益が10%へ大幅低下=操業権も失う(06/10/08)
  • プーチン政権批判で知られるロシアのジャーナリスト、射殺される(06/10/08)
  • ロシア女性、脳部被弾後に特殊技能が出現(06/10/06)
  • 蘭ガスニー、バルト海パイプライン建設事業参加へ(06/10/05)
  • 外国石油会社を排除する意向ない=ロシア大統領府高官(06/10/05)
  • EU、ロシアに対グルジア経済制裁の解除を要請(06/10/04)
  • ロシア、グルジアとの陸海空路を閉鎖=通信社(06/10/03)
  • ニューヨーク・タイムズ紙=国連における中国当局の影響力(06/10/02)
  • イラン、アザデガン油田めぐる日本との交渉を延長=国営メディア(06/10/02)
  • ロシア選管、プーチン大統領3選に道開く国民投票実施要請を却下(06/09/28)
  • ロシア当局、サハリン2の包括的環境調査を指示(06/09/26)