印刷版   


全米映画興行収入=「ハッピー・フィート」が初登場首位

 11月17―19日の全米映画興行収入ランキングは、南極で暮らす皇帝ペンギンたちが歌って踊るCGアニメ「ハッピー・フィート」が4230万ドル(約50億円)で初登場首位に立った。

 注目の「007」シリーズの最新作「007/カジノ・ロワイヤル」は4060万ドル(約48億円)と一歩及ばず初登場2位だった。今作品では、ピアース・ブロスナンに代わって新たに英国人俳優ダニエル・クレイグを6代目ジェームズ・ボンド役に起用した。

 先週まで2週連続トップだった、英国人コメディアン、サシャ・バロン・コーエン主演のコメディー映画「Borat: Cultural Learnings of America for Make Benefit Glorious Nation of Kazakhstan(原題)」は、1440万ドル(約17億円)と失速して3位にランクダウン。オープニングからの興行収入は9050万ドル(約107億円)。

 ウォルト・ディズニーのサンタ映画シリーズの第3弾「The Santa Clause 3: The Escape Clause(原題)」は4位、アニメ映画「マウス・タウン/ロディとリタの大冒険」は5位と、それぞれ2つずつ順位を下げた。

 [ロサンゼルス 19日 ロイター]

 (06/11/21 11:50)  





■関連文章
  • 米商務長官、中国に映画や金融などの市場開放を要求(06/11/16)
  • ジェームズ・ボンド最新作、16日に英国で公開(06/11/13)
  • J・デップ、「ピープルズ・チョイス・アワード」で最多ノミネート(06/11/09)
  • 映画界のセレブが「ハリウッド賞」授賞式に勢ぞろい(06/10/25)
  • 中国、ロウ・イエ監督に今後5年間の映画制作禁止処分(06/09/05)
  • 中国、ゴールデンタイムでの外国アニメ放送禁止へ(06/08/14)
  • 山上ステージで華やかに民族パフォーマンス、中国(06/07/23)
  • 米俳優ジャック・ウォーデン氏死去、85歳(06/07/23)
  • ストーンズのキース、映画「パイレーツ..」の次回作登場か(06/07/05)
  • 映画「スーパーマン・リターンズ」、公開初日が2日早まる(06/06/01)
  • 日蒙合作映画『蒼き狼』6月クランクイン(06/05/29)
  • 映画「マリー・アントワネット」に冷ややかな反応も(06/05/25)
  • 麻生外相、漫画・アニメ外交を提言(06/05/09)
  • 「韓流」がアジアの大衆文化を変える(06/01/28)
  • 「SAYURI」は中国国内で上映中止、反日感情に配慮(06/01/26)