脱党の波は公開化の臨界点に近づく

2006年11月09日 08時19分
 【大紀元日本11月9日】先月台湾に亡命するも同政府から香港に強制送還された中国山西省政府高官・賈甲氏はいまタイに滞在し、第三国による亡命受け入れを待っている。もし彼は中国へ送還されることになれば、間違いなく迫害を受け、甚だしきに至っては拷問などで死ぬかもしれない。全世界脱党支援センター責任者の高大維博士がこのほどブッシュ大統領に91の実例を集めた書類を提出した。その中の被害者はすべて『九評共産党』と脱党の情報を広めたために迫害された者であり、現在2人の死亡者まで出ている。案件は全国で10以上の省、直轄市にわたって発生し、賈氏の山西省太原市も含まれる。

 国外の多くの政治家は、中国共産党との商売を中国の民主化を推進する上重要な手段と考えている。このような手段が有効かどうかは別にして、少なくともこの人たちは中国の民主化が中国にも世界にもプラスと認めている。今こそこれらの政治家は態度をはっきり示す時ではないか。

 罪に罪を重ね、決して改良できず、権力の放棄も不可能な、このような中国共産党に対しては、終焉させる最良の道は中国民間の力を助けることだ。「九評共産党」と「三退」(脱党、脱団、脱少先隊)はまさに「戦わずして人を屈させる」平和的な力である。

 賈氏がこう語った、「現在中国大陸で脱党したいと考えている人は、すべての党員の95%を占めるはずだ。更に統計的で科学的な言い方をするなら、本当の共産党員は党中央にしかいない」「だから、脱党支援センターの1400万人の数字は、真実で信頼できるもので、実際の脱党者はさらにその数字を遥かに超えている」。

 これは中国大陸の真の人心の向かうところである。賈氏は個人の生命の危険を冒して「蜂起」により、世界各国政府に中国共産党が末日に向っている実情を示した。中国大陸の脱党の波はますます公開化の臨界点に近づき、中国民衆はいつでも中国共産党を捨てて自由に向かう用意ができている。こんな時、誰しも、すべてダチョウ政策を取ってはならず、この予見できる歴史の大事に対して見て見ぬふりをしてはならない、できるだけ早く相応する行動をとるべきだ。国際社会が賈氏を声援すれば、脱党の大波の公開化が加速され、中国共産党の解体はすぐ間近になるはずだ。

 世界の安全、中国の未来、あるいは最も基本的な人道主義からしても、賈氏を救援するのは国際社会が断れない道義的責任である。

 賈甲氏の事件は元東方航空機長の袁勝氏の逃亡事件と同様、中国共産党の一つの重大な策略の失敗を反映している。その策略は即ち「買収」である。

 中国共産党は六・四事件後、大金を惜しまず一部の人を買収しようとし、彼らが自分たちの既得利益を守るために中国共産党の統治を守ることを期待していた。官吏と商人の結託で急に金持ちになった階層、そして中国共産党の大小官吏と家族以外に、確かに社会において一部の知識人あるいは比較的特殊な業界に従事する人がある意味で「中産階級」になった。彼らは多くの人が羨ましがる肩書き、比較的高い地位そして比較的優越した生活条件を備えた。

 袁勝氏と賈甲氏はまさにこの種の人たちであり、袁氏の年収は約40万人民元(600万円)であり、賈氏は副庁クラスの幹部なので、きっと収入も悪くないはずである。この人たちは改革開放によって生活は改善したが、しかし彼らも中国共産党の犯罪を我慢することができず、中国共産党と決別することを選んだ。

 「物は類似したものが集まり、人は群で分けられる」といわれるように、賈氏と接触した多くの人は彼と類似した経歴あるいは地位を持つ人たちであろうし、彼が持参した数百人の脱党者リストは、統計学上の意義から言って、かなりの代表性を持っており、この社会階層の人たちも大量に中国共産党と決別していることを表している。

 陳情者、普通の民衆、「中産階級」、そして中共高官(例えば中国共産党の中央党校及び核工業部の数十人の脱党例)にまで、『九評共産党』は広く伝播し、「三退」も各界で進行している。 これがまさに「三退」の現状である。

 賈氏の離反は、巨大な危険を冒したものなので、私達は彼の義挙を声援するだけでなく、各国政府に賈氏の行動を伝えて、早いうちに自由な国へいけるように何とかしなければならない。これは賈氏に対する助けであり、中国国内の脱党者に対する巨大な激励にもなり、中国の平和的転換を加速させることになるであろう。

関連キーワード

関連特集

^