世界各地で集会:1500万人中国人の共産党脱退を応援(映像)

2006年11月12日 20時55分
 【大紀元日本11月12日】大紀元時報の連載社説『九評共産党(共産党についての九つの論評、以下九評)』が世に出て2周年を迎える11、スイスのベルン、米国のニューヨーク、オーストラリアのシドニーなど世界各地で、華人団体と民衆は1500万人の勇気ある人々の中国共産党からの脱党を応援するため、集会とパレードを行った。日本では12日に東京で行われ、脱党人数1500万人突破を日本社会に伝え、逮捕・拘禁されている高智晟人権弁護士やそのほか人権擁護者らの救出を呼びかけた。

 ニュージーランドでは4日、オークランド市中心のエリザベス広場で集会パレートを行い、中共と決別した1500万人の勇気ある人々を応援した。『九評』を読んで目が覚め、中共と決別した中共官吏・賈甲氏についてのスピーチが行われた。賈氏の息子・賈闊氏も今回の活動に参加し、亡命先を求める父親に関心を寄せるよう国際社会に呼びかけた.

 賈闊氏は、中国に民主を実現するのは父賈甲氏の宿願であり、中国では今、有識者は誰もが脱党登録暗証番号を持っており、『九評』による中共の解体は間近になっていると語った。先見性のある者は脱党登録暗証番号を保存し 、中共の崩壊に備えているという。

 また、世界の民主国家に、父を含めた中国の民主活動家らを支援するよう呼びかけた。

 (映像:http://www.ntdtv.com/xtr/clips/HourlyNews/2006-11-05/51141.ram
関連キーワード
^