印刷版   

ベトナム人女性、マレーシアで集団お見合いツアー

 マレーシアの独身男性が花嫁を求めてベトナムに行っていたのは過去の話となりそうだ。19日付の現地紙スターによると、結婚相手を求めるベトナムの独身女性の一団が、マレーシア各地のコーヒーショップなどを訪れた。

 この旅行イベントはマレーシアの会社が企画したもので、マレーシア人の独身男性に、ベトナム人女性を紹介するためのもの。

 同イベントに否定的なマレーシアの政治家によると、ベトナム人女性らはより良い生活を求めて参加しており、結婚が成立した場合、女性らの家族には2万─3万リンギ(約66万─100万円)が支払われるという。 

 一方、男性側は裕福な独身か離婚経験者が中心。彼らはこれまで、写真の中から花嫁候補を選び、飛行機に乗ってベトナムまで会いに行っていた。

 今回のイベントに対しては、マレーシア国内の女性権利団体からも非難の声が挙がっている。

[クアラルンプール 19日 ロイター]

 (06/12/20 09:34)  





■関連文章
  • ベトナムの06年成長率は8.2%、海外直接投資は過去最高の95億ドルに=閣僚(06/12/13)
  • 靖国参拝問題を追及せず、対日政策急転の中国(06/11/27)
  • 数年内に対越850億円投資へ、財界幹部が日越首脳会談に同席=政府筋(06/11/20)
  • 米国、ベトナムを宗教弾圧国リストから除外(06/11/14)
  • WTO、一般理事会でベトナムの加盟を正式承認(06/11/08)
  • アジア民主同盟、米国会議事堂で誕生(06/09/23)
  • ラフト人権賞:ベトナムの高僧に授与、「民主運動の象徴」と称賛(06/09/22)
  • 法卡山領土紛争:中国・ベトナム、分割合意(06/09/01)
  • ベトナム当局、ブッシュ大統領訪問目前に、政治犯5313人に恩赦(06/08/30)
  • マレーシア、現時点で政府関連企業株売却を計画せず(06/08/18)
  • マレーシア男性、父親と同じ場所で電車にひかれ死亡(06/07/10)
  • ベトナム企業、ナマズの脂肪でバイオ燃料生産へ(06/07/03)
  • ベトナム共産党、国家主席と首相を新たに選出(06/06/29)
  • 天皇・皇后両陛下、シンガポールを御訪問(06/06/10)
  • アジア環太平洋地区、ハンスト・リレー相次ぐ(06/02/16)