印刷版   


豪州は真夏のクリスマス、でもサンタは「冬仕様」

 シドニー郊外のマンリーで8日、クリスマスを前にサンタクロース人形を配達する業者の姿が見られた。

 南半球のオーストラリアは、真夏のクリスマス。帽子にサングラスの業者は、電話でサンタ人形の設置場所を問い合わせていたが、そのサンタの服装は世界共通の「冬仕様」だ。

 [シドニー 8日 ロイター]

 (06/12/08 22:44)  





■関連文章
  • 水族館にサンタが登場、魚にもクリスマスプレゼント(06/12/07)
  • オーストラリアのコアラ生息地、森林火災で危機に(06/12/04)
  • ドイツで「ヒトラー風サンタ人形」を廃棄処分(06/12/03)
  • 今年のクリスマス、ベルリンでは「サンタクロース不足」に(06/11/28)
  • あのサンタクロースは誰だ、26年間の謎が解けた(06/11/20)
  • 写真報道:23年ぶり、もっとも寒い6月=シドニー(06/07/06)
  • 「九評」シンポジウム:蘇家屯・臓器売買事件の信憑性について(1)(06/03/14)
  • 豪州:人種間衝突が歯止め利かず(05/12/15)
  • シドニー・クラヌラ海岸の人種間抗争、負傷者続出(05/12/13)
  • 脱党街宣車の放火犯を逮捕、法輪功弾圧に関連か(05/09/05)
  • シドニー討論会:中共による海外独立メディア弾圧の実態を暴露(05/08/30)
  • 今年の人気観光地ベストテン(05/07/16)
  • 政治亡命した中国外交官、中国スパイの名簿を所持(05/07/12)
  • 元外交官・陳用林氏:私はなぜ亡命したのか(前編)(05/06/29)
  • 豪州政府を買収する中共の戦略、亡命外交官が証言(05/06/26)