印刷版   


EADS、エアバスの新中型機「A350」製造に合意の見通し=関係筋

 欧州の航空・防衛大手EADS(EAD.PA: 株価, 企業情報 , レポート)の取締役会は、1日の会合で傘下のエアバスが開発中の中型旅客機「A350」の製造開始に合意することがほぼ確実視されている。取締役会関係筋が同日ロイターに語った。

 同筋は「未解決の問題が二つある。国の支援とドイツの立場だ。しかし、最大の難関は昨日片付いた」と述べた。

 A350は超広胴型(エクストラワイドボディー、XWB)の旅客機で、ライバルの米ボーイング(BA.N: 株価, 企業情報 , レポート)と中型機市場で競争する上で欠かせない対抗機種とみられている。

 EADSのスポークスマンはA350に関する報道についてのコメントを拒否し、1日にアムステルダムで開かれる見通しの取締役会についても確認しなかった。

 [パリ 1日 ロイター]

 (06/12/02 16:02)  





■関連文章
  • 米ボーイング、テネシー工場のスト終結で労組と暫定合意(06/11/13)
  • EADS、07年に本社の正社員10%を削減計画=広報担当(06/10/21)
  • インド、今後20年間に航空機856機必要に=ボーイング予想(06/08/29)
  • ロシア民間機が着陸に失敗し炎上、150人以上死亡=通信社(06/07/09)
  • 中国東方航空、エアバス社製「A320」30機購入(06/06/29)
  • 中共指導者の権力闘争と親米路線外交(06/04/20)
  • 中共、米ボーイング社旅客機大型注文、胡主席米訪問の手土産か  (06/04/18)
  • 中国、エアバス150機を購入(05/12/07)
  • カナダ:300人乗りエアバスが炎上(05/08/03)