印刷版   

1月23日、第79回アカデミー賞で菊地凛子が助演女優賞にノミネート。12日撮影(2007年 ロイター/Fred Prouser)

アカデミー賞、菊地凛子が助演女優賞にノミネート

 第79回アカデミー賞各部門の候補が23日に発表され、「バベル」に出演した日本人女優の菊地凛子が助演女優賞にノミネートされた。

 「バベル」は日本、メキシコ、米国、モロッコを舞台に、それぞれの場所で起きる出来事が1つにつながっていくストーリー。この映画で菊池凛子は、ろうあ者の女子高生役を演じている。

 ことしのアカデミー賞では、菊地凛子を含む10名が初めて候補に選ばれた。授賞式は2月25日に行われる。

[ビバリーヒルズ(米カリフォルニア州) 23日 ロイター] 

 (07/01/24 17:53)  





■関連文章
  • ゴールデングローブ賞、菊地凛子は受賞ならず(07/01/16)
  • 全世界華人新年祝賀祭:ハリウッド公演、伝統文化たたえる演出に各界から高い評価(07/01/13)
  • アカデミー賞女優のウィザースプーン、7年の結婚生活にピリオド(06/10/31)
  • 日系米国人俳優のマコ岩松さん死去、72歳(06/07/26)
  • 第58回エミー賞、「24」が12部門でノミネート(06/07/07)