印刷版   

1月19日、北朝鮮外務省のスポークスマン、ベルリンでの米朝協議について一定の進展あったと述べた。写真はヒル米国務次官補と協議した北朝鮮の金桂冠・外務次官。17日撮影(2007年 ロイター/Fabrizio Bensch)

ベルリンでの米朝協議、一定の合意=北朝鮮外務省

 北朝鮮外務省のスポークスマンは19日、今週ベルリンで行われたヒル米国務次官補(東アジア・太平洋担当)と北朝鮮の金桂冠・外務次官の協議について、前向きで進展がみられたと述べた。国営の朝鮮中央通信社(KCNA)が伝えた。

 協議は3日にわたって行われたが、協議後、双方の当局者からは、北朝鮮の核問題打開の突破口を示唆するようなコメントは出ていない。

 KCNAによると、同スポークスマンは「協議は16─18日、前向きで率直な雰囲気のなかで行われた。そして一定の合意に到達した」と語ったが、詳細には触れなかった。

[ソウル 19日 ロイター]

 (07/01/20 10:28)  





■関連文章
  • ロシア、米国に対北朝鮮金融制裁の解除を要請(07/01/18)
  • 北朝鮮:猩紅熱など伝染病拡大、全国に波及(07/01/18)
  • 北朝鮮:独より食用ウサギを輸入、飢饉対策か(07/01/16)
  • 北朝鮮に核問題解決への具体的行動求める=日中韓共同声明(07/01/15)
  • 安倍首相がNATOとの連携強化を表明、北朝鮮問題の解決に協力要請も(07/01/13)
  • イランと北朝鮮の金融面でのつながり、ミサイル技術拡散の恐れ=米財務省(07/01/10)
  • 国連改革や北朝鮮問題で連携強化を確認=日英首脳会談で安倍首相(07/01/10)
  • 金正日政権崩壊時、中共解放軍が北朝鮮に進駐=専門家予測(07/01/09)
  • ソウル株式が9週間ぶりの安値、北朝鮮の核実験準備報道で(07/01/05)
  • 北朝鮮の核実験準備報道、内容の判断は控える=官房長官(07/01/05)
  • 北朝鮮、再核実験の兆候ない=米情報当局者(07/01/05)
  • 北朝鮮の白南淳・外相が死去=KCNA(07/01/03)
  • 北朝鮮の新年社説、核抑止力の強化を表明(07/01/02)
  • 安倍新政権、韓国との対話を開始(07/01/01)
  • 北朝鮮、国際社会の要求に応えないと自国の問題解決できず=首相(06/12/23)