印刷版   

1月17日、温暖で乾燥した気候の米カリフォルニア州のマリブ地区(写真)で約20年ぶりに雪が舞った。昨年5月撮影(2007年 ロイター/Gene Blevins)

米ロサンゼルス近郊で約20年ぶりの降雪

 普段は太陽がさんさんと降り注ぐ米カリフォルニア州のマリブ地区で17日、約20年ぶりに雪が舞った。また、隣接するロサンゼルス西部各地でも一時ひょうやみぞれが観測された。

 スターが多く住む高級住宅地として知られ、太平洋を望むビーチの後ろに広がる山手のマリブは、普段は雨が降るだけでニュースとなる地区で、久しぶりの降雪は交通に混乱をもたらした。

 同州のハイウェイ・パトロールは、除雪車を出動させて当地の山間部を通る幹線道路の除雪作業に当たった。また、少なくとも1台の車両が衝突事故を起こしたという。地元の警察官によると、前回マリブに雪が降ったのは1978年のことだという。

 当地としては異例の低温となったこの日、海岸沿いの街ベニスやロサンゼルスの西部の内陸部でひょうやみぞれに変わり、車や住宅の屋根をうっすらと白く染めた。

 ロサンゼルスのダウンタウンの北約48キロにあるバレンシアでは、珍しい降雪をビデオに収めようと自宅の庭に繰り出す住人の姿も見られた。気象学者によると、同地区での降雪は20年以上ぶりのことだという。

 ここ数日間続くカリフォルニア州北部から中部にかけての異例の寒波襲来によって、同地域のオレンジやイチゴ、アボカドの収穫には10億ドル(約1200億円)の損害が出ている。

[ロサンゼルス 17日 ロイター]

 (07/01/19 08:28)  





■関連文章
  • 中国共同報告:CO2排出量急増、生態と経済に深刻な損害(07/01/06)
  • オーストラリア、地球温暖化の進行速い=気象局(07/01/04)
  • 気象専門家:2007年、史上で最も気温の高い年になる(07/01/03)
  • 北極の氷、2040年には無くなる可能性=米研究者(06/12/13)
  • 国際エネルギー機関発表:中国、2009年世界で最も深刻な大気汚染国(06/11/20)
  • ミスアース各国代表、水着姿で「環境対策」呼びかけ(06/11/10)
  • 中功創始者事故死:中共当局、遺体引き渡しを画策(06/09/27)
  • 水の都ベニス、水害の危機に直面 30年後には無人の恐れも(06/09/08)
  • 地球温暖化:水没の危機に直面する上海(06/08/18)
  • 【ベルリン便り】ヨーロッパを襲った記録破りの熱波(06/07/29)
  • 環境専門家:中国、水不足の危機状況はもっとも深刻(06/06/08)
  • 今年も「クール・ビズ」、小池環境相デザイン「風呂敷」でアピール(06/05/21)
  • ツバル国、海に飲み込まれる恐れ(06/03/25)
  • 欧州は5千年来最も深刻な異常気象に直面した(06/03/04)
  • ロサンゼルス: 2千人集会、840万人脱中共を声援(06/02/28)