【季節のテーブル】2月の金柑少年

2007年02月22日 11時35分
少年や 一千年紀の ヒナを抱く

【大紀元日本2月22日】金柑少年は丸坊主頭です。まるで昔の時代の、テカテカ頭の少年のようです。金柑塗って、また塗ってコンコン咳さん、どこかへ飛んでいけ!母が傍にいて、呪文のように唱えます。不思議だなと、少年は思いました。母の後ろ姿が、白く透けて見えたからです。

 ぽかんとお口が開いて、甘露な雫が喉元に落ちてきます。キンコンカーンと、音がしたようでした。学校の始業ベルが頭の中で鳴ります。少年の息はとぎれて、羽ばたくように震えました。早く学校へ行かなくてはと、心臓が早鐘のように打ちました。

 真っ白な母鳥が卵を孵(かえ)して、少年の胸に置いてくれたようでした。少年は胸にそっと抱いて、ヒナを温めました。するとあれほど激しかった熱が、潮のように引きました。誰の仕業だったのでしょうか?少年の胸元から、一羽の金冠色の鳥が巣立ちます。「ぼくはきっと、いいことをしたから、病気が治ったのだ」と少年は思いました。こんな思いは母のお蔭です。少年にもちょっぴり、それは分かりました。けれども恥ずかしかったのです。

 今年も庭に金柑がたわわに実りました。あれから金柑少年は、すっかり元気になりました。お母さんが傍にいなくても、もう寂しくはありません。朝礼で倒れたりはしません。2月の冬空の屋根を、金冠色の鳥が飛びたつのが見えます。あそこの家にも金柑少年がいて、母の守りを授かったことが今では分かります。こうして冬ごとに金柑少年は、逞しく賢くなるのです。

(イザヤ・パンダさん)


関連キーワード
^