印刷版   

2月8日、イラン国営メディアは革命防衛隊が試射したミサイルは「大規模な軍艦」を撃沈可能と伝えた。写真は昨年4月、軍事パレードを見守るアハマディネジャド大統領(2007年 ロイター/Morteza Nikoubazl)

イラン、試射したミサイルは「大規模な軍艦」を撃沈可能

 イランの革命防衛隊は8日、軍事演習の一環でミサイル発射実験を行った。このミサイルについて司令官は、湾岸地域やオマーン海、インド洋北方に配置されている「大規模な軍艦」を撃沈できるものだとしている。国営メディアが伝えた。

 イランと米国は、イランの核プログラムやイラク戦争をめぐって摩擦を強めており、米国はイランへの圧力を強化するため湾岸地域への2隻目の空母派遣を命じた。

[テヘラン 8日 ロイター]

 (07/02/09 08:43)  





■関連文章
  • イラン最高安保委事務局長、独で西側当局者と会談へ(07/02/08)
  • イランに対する攻撃、誰も計画していない=英首相(07/02/07)
  • イラン、ウラン濃縮に向け遠心分離機328基を設置=外交筋(07/02/06)
  • 北朝鮮、イラン核開発を支援との観測を否定(07/01/29)
  • 胡主席の年内訪日困難、胡・曽両氏の内部闘争白熱化(07/01/25)
  • イラン、IAEA査察官38人の受け入れを拒否(07/01/23)
  • 中国の衛星破壊実験、懸念を持っている=塩崎官房長官(07/01/19)
  • ロシア、イランに地対空ミサイルシステムを供給=国防相(07/01/17)
  • 米軍がイラク北部にあるイラン政府事務所を強制捜査、多数を拘束=テレビ(07/01/12)
  • イランと北朝鮮の金融面でのつながり、ミサイル技術拡散の恐れ=米財務省(07/01/10)
  • イスラエル軍、イランの核施設に対する爆撃を計画=英紙(07/01/09)
  • 安保理決議は無効、核開発は継続する=イラン大統領(07/01/03)
  • 安倍新政権、韓国との対話を開始(07/01/01)
  • イラン通信:イランと中国、天然ガス田共同開発を発表(06/12/28)
  • 米軍、湾岸地域に2隻目の空母派遣も(06/12/22)