印刷版   


米副大統領が訪問中のアフガン米軍基地付近で爆発、副大統領は無事

 アフガニスタンで27日、チェイニー副大統領が訪問している米軍基地の出入り口付近で爆発があり、数人が死亡した。

 目撃者によると、爆発があったのは首都カブールの北60キロにあるバグラム米空軍基地の外。爆発の原因はいまのところ不明。チェイニー副大統領は、カルザイ・アフガニスタン大統領との会談が天候を理由に延期されたため、同基地に宿泊していた。

 米副大統領のスポークスマンは、チェイニー副大統領は無事だと述べた。

 [カブール/バグラム米空軍基地 27日 ロイター]

 (07/02/27 16:37)  





■関連文章
  • 「国際薬物乱用・不正取引防止デー」、中国の深刻な事情(06/06/27)
  • 中国、アフガニスタンからの麻薬密輸が増加(06/06/24)
  • アフガニスタン大統領:「中国の未来の指導者、人道問題を重視すべき」(06/06/23)
  • ブッシュ大統領、米陸軍士官学校卒業式で、反テロ戦争収束の決意表明(06/05/30)
  • 韓国:平沢米軍基地で反米デモ(06/05/16)
  • インド、ポスト中国のアジア外交の中心になるか(06/03/22)
  • 米国防07年予算、約52兆円を計上(06/02/09)
  • アフガニスタン:タリバン兵士ら170人以上、投降儀式に参加(06/02/07)
  • 在韓米軍司令官、「有事の韓国軍指揮権委譲には慎重」(06/01/28)
  • パキスタン情報相、ザワヒリ容疑者死亡説を否定(06/01/15)
  • 旧タリバン勢力幹部、自爆テロを予告(05/12/29)
  • アフガン駐留米軍、2,500人削減へ(05/12/22)
  • 南アジア地震 パキスタン政府:死者1000人超(05/10/09)