印刷版   

中国メーデー休暇、旅行者は過去最大の1.5億人に

 中国の国営メディアは25日、当局者の発言として、1週間にわたる5月のメーデー休暇期間に自動車、鉄道、航空機を利用して旅行する人が過去最大の1億5000万人に達する見通しだと伝えた。

 英字紙チャイナ・デーリーは、観光当局者の発言として「1人当たりの国内総生産(GDP)が引き続き伸びると予想されており、メーデー休暇に観光需要が急拡大する可能性がある」と報じた。

 中国では、6年前に内需拡大を目指し、10月の国慶節と5月のメーデー、および1月か2月の旧正月を中心に、3つのゴールデンウィークを設けた。しかし、経済効果が薄れてきているほか、混雑、ごみ、公害が発生するばかりで恩恵がほとんどないとの不満が高まり、一部当局者は休暇の廃止を求めていた。

 一方政府は、休暇を廃止する姿勢を見せておらず、国家統計局の当局者は「この制度は国内の消費と需要の拡大に大いに貢献しており、休暇は必要不可欠だ」と述べた。

[北京 25日 ロイター]

 (07/04/26 08:20)  





■関連文章
  • 中共当局の通貨統合、「香港ドルの寿命は、あと5年か?」(07/04/22)
  • 07年日本成長率見通し約+2.25%、消費めぐる不透明感ある=IMF(07/04/12)
  • 中国:食品価格の上昇がインフレ圧力に(07/03/20)
  • 2月利上げ反対の日銀副総裁、物価先行き不確実性を懸念(07/03/08)
  • 「オタク」、外国人観光客向けツアーの呼び物に(07/03/06)
  • 米国レストランは「過食」を奨励=米消費者団体(07/02/27)
  • 尾身財務相発言に微妙な変化、利上げに不透明感(07/02/19)
  • 中国大連市:青森産リンゴ、1個12万円の仰天価格(07/02/12)
  • 来日外国人、700万人突破、6割が韓台中(07/01/28)
  • 景気は「消費に弱さみられるものの回復」=1月月例報告(07/01/23)
  • 個人的には日本はデフレ状態にはないと考えている=尾身財務相(07/01/09)
  • 07年の中国人民元相場、3‐4%上昇へ=政府系シンクタンク(06/12/26)
  • 消費税率引き上げ議論、早くて08年通常国会に=自民党税調会長(06/12/18)
  • 中国の個人消費率は過去最低、収入の伸びが深刻な停滞(06/12/17)
  • 世界消費者信頼感指数、インドがトップ=調査(06/12/14)