印刷版   

米国人、3人に1人が自宅以外の場所でTVを見る=調査

 米国内のテレビ視聴者の3分の1が、バーや職場、それに友人の家やジムなど、自宅以外の場所で見ている実態が明らかになった。米メディア調査会社のアービトロン(ARB.N: 株価, 企業情報 , レポート)が4日に発表した。

 調査によると、自宅以外の場所でテレビを見る人の平均視聴時間は2時間で、スポーツイベントと同じくらい、地元ニュースやTVドラマを見ているという。

 年齢別では、週に1度以上自宅以外の場所でテレビを見る人の割合は、12―17歳が64%、18―24歳で49%、55歳以上は23%だった。

 自宅以外でテレビを見る場所としては、誰かの家が25%と最も多く、次いでレストランまたはバーが11%、続いて職場が7%だった。

 [ニューヨーク 4日 ロイター]

 (07/04/06 23:17)  





■関連文章
  • 「新唐人電視台」、「希望之声広播電台」受信ガイド(1)(07/04/06)
  • 解放軍を掌握できない北京政府=米国防情報紙(07/03/30)
  • フジテレビ、ライブドアに約345億円の損害賠償請求(07/03/27)
  • 米国に亡命した中国下級官吏、中共脱党を宣言(07/03/25)
  • 「お寿司」ピーナツサンドが優秀レシピ賞(07/03/23)
  • 米財務省が米銀とBDAの取引を正式禁止、北朝鮮の凍結資産請求に道(07/03/15)
  • 中国人民銀行は米国債の購入を続ける=副総裁(07/03/12)
  • 米人権報告:中国のネット封鎖は世界一(07/03/09)
  • 米朝作業部会は「良い議論」、初期段階の措置履行を楽観=ヒル次官補(07/03/07)
  • 駐米・中国大使館、米国の対台湾武器売却に抗議(07/03/07)
  • 米国と北朝鮮の関係正常化に向けた作業部会が始まる(07/03/06)
  • 米朝が3月5・6日に米国で作業部会開催=国務省報道官(07/03/01)
  • 米国防総省、イラン爆撃を計画する特別委員会を設置=米誌(07/02/26)
  • 米政府、北朝鮮ウラン濃縮計画に関する情報不足を認める(07/02/23)
  • 米1ドル新硬貨、流通開始(07/02/19)