世界最大の客船「フリーダム・オブ・ザ・シーズ」

2007年05月17日 18時19分
 【大紀元日本5月17日】世界最大の豪華客船「フリーダム・オブ・ザ・シーズ」は、総排水量15.8万トン、船体339メートル、船幅56メートルで、高さは72メートル。乗客4370人と乗務員1360人を収容でき、「メアリー女王2号」の許容乗客数2620人を大きく上回っている。

 「フリーダム・オブ・ザ・シーズ」は2005年8月にフィンランドで竣工し、アーカー・ヤーズ造船所がそれを高値で米国のロイヤル・カリビアン・クルーズ社に販売した。

 もちろん、このような豪華な客船による旅は相当な代価を支払わないと乗船できず、一人最低1463英ポンドの料金が必要だ。酒類以外のすべての食事がこの料金に含まれる。

 代金が安くない代わり、「フリーダム・オブ・ザ・シーズ」の施設はすべて一流である。船上には1817の船室があり、すべての船室にはプラズマテレビが備わっている。船上で最大の「大統領ファミリールーム」には、4つの寝室、4つの浴室に屋外のバブル浴槽が付いている。

 「フリーダム・オブ・ザ・シーズ」の豪華さは人々の想像を超える。15階建ての甲板には、レストラン、プール、カジノ、ナイト・クラブ、トレーニング・ジムなどの基本的な施設のほか、サーフィン用プール、ロッククライミング場、氷の宮殿、ゴルフ場がある。また、6階分の高さのあるショッピングセンターには店が林立していて、1300人を収容できる大きな劇場などもある。船上で何日過ごしても、旅客が飽きることはない。中でも最も誇れるのが、海の景色が見える透明なエレベーター2台で、クルーズ社は、「内部の装飾をとっても、景観をとっても、そのずば抜けた豪華さは、ドバイの帆船をかたどった優美なホテルに比べても引けを取らないものだ」という。
船上でのサーフィン(Bruno Vincent/Getty Images)


甲板の上(Bruno Vincent/Getty Images)


氷の宮殿(Bruno Vincent/Getty Images)


レストラン(Bruno Vincent/Getty Images)


カジノ(Bruno Vincent/Getty Images)


大統領ファミリールーム(Bruno Vincent/Getty Images)


ロッククライミング場(Bruno Vincent/Getty Images)


(sbw-photo/Getty Images)


(SBW PHOTO /AFP)


関連キーワード
^