印刷版   

NY市長、市の建物にバイオ燃料利用を義務付け

 マイケル・ブルームバーグ米ニューヨーク市長は11日、2008年から、市の建物の暖房に、とうもろこしや大豆から抽出したバイオ燃料を導入する方針を明らかにした。同市長はこの計画について、温室効果ガスの排出抑制のほか、大気汚染の改善、中小農家への支援につながるとしている。

 市長は今年、ニューヨークの二酸化炭素の排出量を2030年までに30%削減すると発表。市内のタクシーであるイエローキャブをハイブリッドカーに転換するなど、段階的に具体的な措置を打ち出している。

 計画によれば、2008年7月から、市が購入するヒーティングオイルの3分の1を、バイオ燃料を5%配合した燃料に切り替えることを義務づける。配合の比率は段階的に引き上げ、2012年には20%にする。

[ニューヨーク 11日 ロイター]

 (07/06/12 14:37)  





■関連文章
  • 中国、トウモロコシ原料エタノールを生産停止の可能性(07/06/11)
  • 米国、ドイツの温暖化ガス排出削減案拒否へ=声明草案(07/05/26)
  • NYの「イエローキャブ」、2012年までにハイブリッド車に(07/05/24)
  • ゾウのふん、バイオ燃料の生成に一役=オランダの科学者(07/04/20)
  • 27日の世界商品市場が下落、中国株安で(07/02/28)
  • 温暖化が最も速い中国、「災難には国境がない」(07/02/26)
  • NY市長:「新唐人華人新年祝賀祭の日」(2月14日)制定(07/02/15)
  • 道路横断中のiPod、NYでは禁止法案提出へ(07/02/09)
  • 政府間機構IPCC:世界的の温暖化、人類がもたらした(07/02/06)
  • 中国:「生活現代化水準」、世界ランキングで100位(07/02/01)
  • 中国の宝鋼集団、中核鉄鋼資産のNY上場を準備=関係筋(07/01/11)
  • 米NY市のガス異臭騒ぎ、危険性はないと市長(07/01/09)
  • 中国共同報告:CO2排出量急増、生態と経済に深刻な損害(07/01/06)
  • 気象専門家:2007年、史上で最も気温の高い年になる(07/01/03)
  • NY市場サマリー(8日)(06/12/09)