医学研究:肥満症は「伝染」する?

2007年07月29日 09時36分
 【大紀元日本7月29日】「朱に交われば赤くなる」と言われたように、肥満症も「伝染」するらしい。『ニューイングランド医学雑誌』最新号に掲載された研究報告は、もし身辺の親しい友人が肥満症であれば、肥満症になる確率が57%も増加することを報じた。

 これは医学研究者がはじめて交友関係と肥満症の関連性を指摘したことである。

 『ニューイングランド医学雑誌』に掲載されたこの米国カリフォルニア大学・サンチアゴ分校の研究者たちの研究報告は、肥満症が「伝染」する可能性を示唆した。もちろん、ここでの「伝染」は、ウィルスのように伝染することはないが、人類の生活環境の角度から見れば、確かに周りの人に影響を与える可能性があると指摘した。

 この研究は1万2067人を対象に調査し、統計処理を行なった。研究結果から、親しい友人関係ほど、肥満症になる影響力が強いことが示唆されたという。

 しかし、兄弟と配偶者の間の影響力は、友人間の影響力より弱いことも分かった。統計の結果によれば、自分の兄弟の中に肥満症の人がいれば、自分が肥満症になる確率は40%増加になるし、もし配偶者は肥満症であれば、自分が肥満症になる確率は37%増加になるという。

関連キーワード
^