印刷版   

テレサ・テン(資料写真)

テレサ・テンの元彼、10年間墓参りせず

 【大紀元日本7月1日】「アジアの歌姫」と呼ばれるテレサ・テンは1995年に亡くなってからすでに12年がたったが、依然として多くのファンはテレサのことを忘れることはない。テレサのストーリーを再現するミュージカルに出席するために、唯一の弟、テレサ・テン文教基金会執行長の鄧長禧氏は四川省重慶市を訪ねた際、メディアのインタビューに応じた。

 出棺日、彼氏は泥酔

 テレサ・テンが発病したときに、付き合っていた14歳年下のフランス人ステファン・ピエールが留守だったため、テレサ・テンの治療が手遅れた。テレサ・テンが亡くなってから、テレサ・テンの兄はピエールに対して、憎しみを抑えられずに、殴りかかりそうになったという。これに対して、弟の鄧氏は、兄をなだめたという。「自分はそこまで思ってはいないが…」とコメントした。

 出棺の前、兄はピエールの出席を阻止したが、最終的に、弟の鄧氏の説得で家族はピエールの出席を許したという。しかし、出棺当日、ピエールは現れてこなかった。鄧氏はポールの宿泊先のホテルに連絡を取り、ホテル側に部屋をチェックしてもらうことにした。結局、ホテルのマネージャーから、ピュエールは泥酔状態との連絡があったという。

 数年間音信不通、彼には恨みはない

 テレサの死後、ピエールはテレサが持っていた香港の別荘に2年間住んでいた。鄧氏はピエールのために、管理人を雇い、世話をさせた。勿論、費用はすべてテレサの遺産から支払われた。その後、鄧氏はピエールと長時間にわたり話し合った。鄧氏はピエールに対して、「君はまだ若いし、自分の歩むべき道を歩まなければならない…」と諭し、ピエールは最終的にフランスへ戻った。その後数年間は、鄧氏と連絡を取り合っていたが、徐々に連絡が途切れがちになった。記者は「ピエールは、お墓参りに戻ったことがあるのか」の質問に対して、鄧氏は「戻って来たことはない」と答えた。

 ピエールについて、鄧氏は恨んではいないとし、「少なくとも、姉と楽しい時間を分かち合っていた」とコメントした。

 (07/07/01 08:34)  





■関連文章
  • 胡錦濤主席香港訪問、2日間抗議の嵐(07/07/01)
  • 返還10年迎える香港:台湾法輪功500人強制返還 香港史上最大規模(07/07/01)
  • 台湾の国際人権弁護士、香港入国を拒否され強制送還(07/06/27)
  • 香港法輪功が反迫害集会・パレード、国際社会に「正しい選択を」呼びかけ(07/06/26)
  • しがないセールスマン、美しい歌声で一躍注目の的に=英国(07/06/26)
  • 中国石油天然ガス、上海市場で最大57億米ドルのA株発行へ(07/06/20)
  • 香港:鳥インフルエンザでバードガーデン閉鎖(07/06/19)
  • 中国銀行副頭取、突如辞任(07/06/17)
  • 英元首相サッチャー氏、香港企業家と対談、「一国二制度は妥当ではない」(07/06/17)
  • 中国深セン香港海域で今年最大の赤潮発生(07/06/11)
  • 香港:野鳥からH5N1型ウイルス、人感染拡大を懸念=専門家(07/06/11)
  • 米国籍中国人ら、中国当局への米国家機密漏洩を認める(07/06/07)
  • 香港:「天安門事件」18周年追悼集会、5万5千人が参加(07/06/05)
  • 香港記者協会前会長、香港メディア報道自粛を批判(07/05/31)
  • 香港の法輪功、暴徒の襲撃に遭う(07/05/29)