印刷版   

米マテルが中国製がん具を再び大量回収、株価下落

 米がん具メーカー最大手のマテル(MAT.N: 株価, 企業情報, レポート)は14日、有害な磁石や鉛塗料が含まれているとして大量の中国製がん具の自主回収を発表した。これを受け、同社の株価は一時6%下落した。

 同社による回収は今月に入って2回目。同社は全米で消費者に安全第一をアピールするキャンペーンを実施している。

 対象となるのは国内外で販売された1820万個で、米国向けは950万個。いずれも磁石や磁石の部品がついている。

 米国の消費者製品安全委員会は、装着された磁石が緩むとの報告が数百件届いていることを明らかにした。また、子供が複数の磁石を飲み込んで腸穿孔(ちょうせんこう)になり 、手術が必要となったケースも3件あるという。

[ニューヨーク 14日 ロイター]

 (07/08/15 10:30)  





■関連文章
  • 中国一の超高層ビル、建築現場で火災発生=中国上海(07/08/15)
  • ブッシュ米大統領夫人と娘、子供向けの本を執筆へ(07/08/10)
  • 中国製品に対する米消費者の懸念が増大=調査(07/08/09)
  • 陳水扁総統:台湾のAPEC参加阻止、中国を非難(07/08/09)
  • 中国民主化阻む若者のミーイズム=米誌(07/08/08)
  • 米国玩具メーカー、約100万個中国製玩具回収(07/08/04)
  • 中国人エンジニア、産業スパイを認める=米国(07/08/04)
  • 中国製毛布、高含有量の発がん性物質を検出=豪州(07/08/03)
  • 米マテル、中国で製造したがん具をリコール(07/08/02)
  • 米FBI、中国在米諜報活動監視強化(07/08/01)
  • 中国語学習ブーム、世界現象に(07/07/31)
  • マクドナルド、中国語の不使用で訴えられる(07/07/28)
  • 世界経済の均衡があらゆる国の利益に=訪中で米財務長官(07/07/27)
  • イランテロ分子、イラクに武器密輸出、中国製ミサイルも=米軍(07/07/25)
  • 中国民航総局局長・楊元元、党の事情聴取(07/07/25)