印刷版   

担任教師の映像をネットに投稿したフィンランド少年有罪に

 担任教師の映像を米グーグル(GOOG.O: 株価, 企業情報, レポート)傘下の動画サイト「ユーチューブ」に投稿したフィンランドの少年(15)に対し、当地の裁判所は24日、損害賠償として800ユーロ(約13万円)、罰金90ユーロを支払うよう命じた。

 この少年は、担任教師が5月に学校のパーティーで歌っていた様子を撮影し、この映像に英語で「精神病院でのカラオケ」という説明を付けてユーチューブに投稿。この教師は少年を相手取り、名誉棄損による損害賠償2000ユーロを求める訴えを起こしていた。

 フィンランドの法廷において、インターネットに流されたビデオ映像に関して有罪判決が出たのは今回が初めて。

 少年は、学校長の要請を受けてすでにこの動画を削除している。

[ヘルシンキ 24日 ロイター]

 (07/08/26 20:51)  





■関連文章
  • 中国農村部教師、社会保障を求める陳情・抗議活動(07/08/26)
  • 女子大生、5000年前のチューインガムを発見=フィンランド(07/08/25)
  • ウィキペディア:北京当局へ、封鎖解除を呼びかける(07/08/06)
  • 中国のハリー・ポッターのファン、自発翻訳版を公表、著作権問題が浮上(07/08/05)
  • 中国の携帯会社、軍創設80年記念で戦争映像の配信開始(07/08/02)
  • 電車内で一目ぼれ、日本人男性愛の告白=中国北京(07/07/30)
  • 文盲が一夜で天才に変身=インド(07/07/26)
  • 北京当局の報道規制強化、「五輪招致時の公約守る誠意あるのか」=外電(07/07/23)
  • デンマークとフィンランド、ヨーロッパで最も幸せな国(07/07/23)
  • 北京に押し寄せる直訴者、退役軍人急増(07/07/20)
  • 山西省レンガ工場強制労働事件:摘発者がメディアに身元を公表、当局によるさらなる抑圧の(07/07/16)
  • 文学サイト「中国当代詩歌論壇」が二度目の閉鎖(07/07/16)
  • 中国福建省:卒業証書問題で、大学生が抗議・暴動(07/07/15)
  • 世界規模コンサート「ライブ・アース」、地球温暖化に関心呼びかける(07/07/11)
  • 上海の10代妊娠女性、約半分が「ネットでの出会い」(07/07/10)