第17回党大会初日、北京市は厳戒態勢

2007年10月16日 09時02分
 【大紀元日本10月16日】中国共産党第17回党大会が10月15日、開幕した。人民大会堂や天安門広場で厳戒な警備体制が敷かれ、付近の各道路、駅では、各箇所に十数人以上の警官が配置されている。当局が武装警察、公安、市民警備員計82万人を動員した。

目撃者によると、15日午前8時過ぎに、女性2人が広場前の毛沢東像の前に座り休息をとっていたが、同8時40分ごろ、滞在時間が長すぎると警察に手錠をかけられ強制連行された。

 東長安街では、午前10時ごろ、70歳代の女性がペットボトルに入れたガソリンを体にかけ、火を付けようとしたが、すぐに警察に阻止された。その後、女性はパトカーに乗せられ、連行された。

 同街で、スペインなどの国営テレビ記者が撮影取材している際に、警察に止められた。また、広場で写真を撮っていた女性のカメラも写真を全部削除されたという。

 訪民(陳情者)・厳さんから寄せられた情報によると、当日に約1000人以上の訪民は、「馬家楼」という場所に強制連行され拘留されているという。
天安門広場で外国人記者の取材を阻止する公安たち(大紀元)


唯一通行できる天安門広場の東側の道路(大紀元)


「前門」駅で、公安が陳情者を連行する場面(大紀元)


天安門広場に通じる道路で巡回する警備員(大紀元)



 今党大会は、15日から21日までに開催される。開催初日、胡錦濤・国家主席が報告を行った。

(記者・趙子法、古清児  翻訳/編集・叶子)

関連キーワード
^