印刷版   

シベリア地区:今後1週間気温が-55℃に、事故防止厳重警戒

 【大紀元日本1月18日】ロシア緊急事務部は1月16日、シベリア地区の気温はこれから1月21日までの間に、マイナス55℃へと一気に下がる予報を受け、地区公務部門に対して地方行政関係者と連携を取り、厳重な警戒をしいた。

 緊急事務部は厳しい寒さが死亡、凍傷、停電、交通麻痺をもたらし、交通事故発生率も上昇し、シベリア地区の建物も損害を受ける可能性が高いと警告した。ロシア国営メディアは、厳しい寒さは民衆が暖房を使用する頻度が増え、電気使用量の負荷が超過し、イルクーツおよびドムスク地区の数千戸の家庭が停電に遭い、学校は少なくても4校が休校になると示した。

 米気象庁の資料によると、シベリア地区の都市における1月の平均気温はマイナス15~39℃の間だという。

 ロシア国営テレビ局の報道によると、シベリア中部のイルクーツ地区で厳しい寒さですでに2人が死亡、30数人が凍傷で緊急入院したという。

 
(翻訳/編集・余靜)


 (08/01/18 09:30)  





■関連文章
  • 2008年春季の北京:黄砂日数、昨年より増加の予測(08/01/06)
  • 3度目鳥インフルエンザ感染発生、50万羽家禽処分=ロシア(07/12/15)
  • ロシア下院選挙前、反体制派が抗議デモ=多数の逮捕者(07/11/28)
  • ギョーザ:耳の凍傷を治す薬に由来(07/11/10)
  • ミャンマー軍政:再び抗議者を拘束、インターネット制御強化(07/10/09)
  • ミャンマー流血弾圧に抗議、ロンドンで1万人デモ(07/10/08)
  • ロシア人ママが出産した12番目の子ども、体重は8キロ(07/09/30)
  • 世界汚染十大都市、中国2都市を占める=米研究機関(07/09/17)
  • 世界で最も汚染された地域、ロシア周辺に集中=米環境団体(07/09/13)
  • 上海協力機構(SCO)首脳会議、中国側エネルギー確保重視(07/08/19)
  • 中国唐代様式の建物跡を発見=ロシア南部(07/08/15)
  • ロ・中国境沿い、中共離脱希望の中国人相次ぐ(07/08/13)
  • ロシア空軍機、グアム沖の米国領空に接近飛行(07/08/12)
  • ロシアの潜水艇、北極の海底に国旗を立てる(07/08/03)
  • 中国の軍事演習部隊、ロシア入り(07/07/31)