印刷版   

ダイアナ元妃、チャールズ皇太子の王位継承望まず=弁護士

 [ロンドン 15日 ロイター] 故ダイアナ元英皇太子妃は元夫のチャールズ皇太子が王位に就かず次の世代に王位を譲るべきと考えていたことが15日、当地で開かれた死因審問で、離婚調停を担当した弁護士により明らかにされた。

 離婚調停を担当した弁護団の1人、マギー・レイ氏は、元妃が生前レイ氏と弁護士仲間のサンドラ・デービス氏に対し、自分の命が脅かされていると繰り返し語っていたと明かした上で、当時はその話に信ぴょう性を感じなかったなどと証言。

 同氏はまた、ダイアナ元妃はチャールズ皇太子ではなく息子のウィリアム王子が王室を継ぐことを希望していたと述べた。

 元妃は1997年8月、パリで恋人のドディ・アルファイド氏と自動車に同乗していたところ交通事故により死亡した。

 (08/01/17 13:44)  





■関連文章
  • 【神韻芸術】米広告業界重鎮「これこそほんものの中国文化」(07/12/31)
  • 仏人権賞2007:中国人弁護士3人が受賞(07/12/13)
  • 英女王結婚60周年、思い出の旅行へ出発(07/11/21)
  • 高智晟弁護士:強制連行後、初めての音信(07/11/01)
  • 第17回党大会、民衆は無反応・無関心(07/10/17)
  • 人権聖火リレー欧州:仏パリ、「人権の祖国」で記念式典(07/09/21)
  • ダイアナ元皇太子妃没後10年、ロンドンで追悼式典(07/09/02)
  • 英メディア、故ダイアナ元妃追悼式典を欠席のカミラ夫人に理解(07/08/28)
  • 故ダイアナ元妃、没後も英王室に影響及ぼす(07/08/24)
  • 独大衆紙、英国の故ダイアナ元妃の似顔絵コンテストを開催(07/08/12)
  • 米国籍華人、中国で違法拘束される(07/07/31)
  • 突然の死に備え、米国で電子「遺言」サービス(07/07/11)
  • ウィリアム王子、ケイトさんと復縁へ=英紙(07/07/06)
  • 高智晟・人権弁護士、米国「勇気ある弁護賞」受賞(07/07/03)
  • ダイアナ元妃追悼コンサート、エルトン・ジョンらが出演(07/07/02)