THE EPOCH TIMES

【台湾通信】「臭豆腐」の香り漂う古い町:深坑

2008年02月09日 11時01分
 【大紀元日本2月9日】日本のみなさん、こんにちは。

 豆腐といえば、日本でも台湾でもとても手に入りやすく、珍しいものではありませんが、「臭豆腐」という食べ物を聞いたことがありますか。

 特製の水に浸しておいた豆腐を具材にします。揚げても蒸しても、調理の途中で、臭いにおいがぷんぷんして、とても食べられないと思われるぐらいのものですが、一旦口にすると、独特な風味をもっており、とても美味しく感じます。

 また、台北県にある古い町・深坑では、豆腐を燻製にした、一味違う「豆腐」が名物として知られています。「深坑老街」と呼ばれるこの町には、さまざまなものが出店・販売されており、多くの人で賑わっていました。

 人々の熱気と、そこら一面を漂っている、熱い釜の中から沸き立つ「臭豆腐」のにおい。冬の寒気があっという間に追い払われます。

 さあ、「深坑老街」のあったかい街頭風景をご覧ください。

「臭豆腐」を調理するお姉さん(大紀元)

大きい釜でごとごと煮ているぴり辛「臭豆腐」(大紀元)

焼き「臭豆腐」を熱々販売中(大紀元)

「臭豆腐」になる前身の素顔(大紀元)

料理店の壁に掛けてある各種の「豆腐」と単品料理のメニュー(大紀元)

揚げ「臭豆腐」と「臭豆腐」鍋。その味はいかがでしょうか。オーダーを待っている間も、匂いが臭くて堪らなかったが、口に入れるとその臭い匂いをすっかり忘れてしまい、美味しい味と食感が口に溶けてしまう。この絶妙こそが「臭豆腐」ならではのもの。(大紀元)

町では「酸梅湯」が試食にたくさん出された。(大紀元)

各種のお茶も販売されている。(大紀元)

離島の澎湖島の黒砂糖ケーキも町で製作中(大紀元)

いろいろなフルーツ味の水飴もある。(大紀元)

台湾伝統のお餅(大紀元)

丸ごと一羽の鶏と切り分けられた鶏肉(大紀元)

「総統レベル」の豆腐セット?! 台湾の主な党首の名前の付いたメニューも登場(大紀元)

(台湾記者=蘇燕)

関連キーワード
^