THE EPOCH TIMES

【神韻芸術】国境を越えた感動と涙

2008年02月16日 05時12分
 【大紀元日本2月16日】ニューヨークに本部を置く中国舞踊「神韻芸術団」は世界各地を巡回公演。日本公演の第一弾としての東京公演は文京シビックホールで幕を閉じた。

 世界最先端なテクニックによって作成された躍動感溢れる大型スクリーンの3D映像背景幕とダンサー達の華麗な演出は絶妙なコンビネーションとなり、時空を超えて五千年の中華文明の真髄と古代文化の美しさを日本の観客に届けた。

 会場に賛嘆な声が後は絶たない。東京千代田区から駆けつけてきたシステムエンジニアの田端さんは、「とても面白くて楽しかった。中国語と中国の文化に詳しくないので、一部の演目を深く理解できなかったが、力を感じた」と鑑賞後の感想を述べた。同行の中国人同僚は演目の合間に田端さんに演目のストーリーと背景を紹介した。「真、善、忍」を信じる法輪功修煉者が中国共産党の監獄で仲間を守るために、虐殺されるというストーリーを美しい舞踊で表現した演目『昇華する蓮』では、同僚の中国人は説明しながら思わず涙が出たという。

 中国共産党は政権を執って以来、伝統建築、舞踊、芸術など伝統文化を破壊し続けた。

 中国伝統文化のルネサンス(復興)をテーマとする「神韻芸術団」は壮大な舞台芸術によって、中国古代文化の輝きと壮麗さが現代に甦らせる。優美な古典舞踊、心に響く二胡の演奏や歌、ダイナミックな太鼓の鼓動が心に強く響き渡る

 名古屋公演は2月17日名鉄ホール、大阪公演2月19、20日NHK大阪ホール。

(記者・侍傑)
関連キーワード

関連特集

^