印刷版   

 2月6日、米大統領選「スーパーチューズデー」の投票で、民主党はオバマ候補とヒラリー候補が接戦を展開する一方、共和党はマケイン候補が9州を制したことが明らかに。写真はオバマ候補の支持者ら。5日撮影(2008年 ロイター/Jason Reed)

スーパーチューズデー、民主接戦・共和はマケイン氏優位

 [ワシントン 6日 ロイター]  米大統領選は5日、24州で一斉に予備選と党員集会を開催する「スーパーチューズデー」の投票が行われ、民主党はオバマ上院議員とヒラリー上院議員が接戦を展開する一方、共和党はマケイン上院議員が9州を制したものの、ライバル候補に決定的な差をつけるには至っていない。

 民主党ではオバマ候補が12州で勝利し、クリントン候補は8州を制したが、クリントン候補は大票田のカリフォルニア、ニューヨーク両州で勝利を収めた。

 オバマ候補はシカゴで支持者の歓呼に応え、「2月のこの夜に最終結果を知る必要のないことがひとつある。われわれの時代が来た。われわれの運動は本物で変化はアメリカにやって来る」と述べた。

 共和党のマケイン候補はカリフォルニア州のほか北東部の主要州など9州を制したが、ライバルのロムニー前マサチューセッツ州知事が6州、ハッカビー前アーカンソー州知事も5州でそれぞれ勝利した。この結果、スーパーチューズデーで両候補を蹴落とし指名獲得を確実にしたかったマケイン候補の希望はかなえられなかった。

 マケイン候補はアリゾナ州で「今夜から、わが陣営が共和党大統領候補の指名獲得レースで先頭を走っているという見方になれる必要がある」と述べた。


 (08/02/06 16:13)  





■関連文章
  • 米大統領選指名争い、民主党は大接戦で加州はオバマ候補が若干リード(08/02/04)
  • ケニア、アフリカ民主主義への試練か(08/01/20)
  • 米大統領選ミシガン州予備選、共和党はロムニー氏勝利(08/01/16)
  • 台湾陸委会:中国人政治亡命者受け入れへ、難民法早期設定促す(08/01/11)
  • 全人代常務委2012年の香港普選否決、民主派怒りの反発(08/01/05)
  • ブット後継19歳長男に、混迷のパキスタンに民主の真空埋める(08/01/03)
  • イスラム圏で初の女性首相暗殺、パキスタン民主化難航(07/12/29)
  • マカオ返還8年、民主求める大規模デモ(07/12/24)
  • コメディー:現代中国(その2)(07/12/20)
  • 失地農民4万人、ネットで土地奪回宣言=中国黒龍江省(07/12/18)
  • 助教授、公開状発表で降格=南京師範大学(07/12/12)
  • 「未来中国論壇」、中国暫定政府設立準備の呼びかけ(07/12/08)
  • 中国知識人シンクタンク、香港民主の先行実施呼びかける(07/11/15)
  • ダライ・ラマの公開支持者を国家政権転覆罪として拘束=中国四川省(07/11/15)
  • 【独占インタビュー】安徽省政治協商常務委員・汪兆鈞氏、もっと沢山の人が立ち上がる(07/11/07)