印刷版   

北京のショッピングモールでの日本米の試食会=2007年7月(STR/AFP/Getty Images)

日本のブランド米、中国市場で大人気

 【大紀元日本2月22日】日本の第二次輸出の米50トンが中国に上陸して、すぐに広州の市場に出回る予定だ。

 それぞれキロ当たりの売り値は100人民元で、値段は日本国内の約3倍。去年、日本米の売れ行きが好調であった北京、上海では騒ぎも起きた。これ以外にも別に50トンがすぐに近日中に中国に輸出されるもようだ。

 輸出元の責任者である日本全国農業協同相互組織連盟によると、残余部分の輸出時期は、販売状況によって決定するという。

 今回の米の品種と先回と同様で、40トンの新潟県産「コシヒカリ」と10トンの宮城県産「ヒトメボレ」だ。価格も変わらず、それぞれ(2キロ当たり)198元と(2キロ当たり)188元だ。中国国内産の米と比較しても、その価格は実に25倍以上であり、媒体は「ブランド米」と称している。

 日本農林水産省総合食糧局食糧部食糧貿易課によると、半年前に日本は中国大陸へのコメ輸出を解禁して、第一次の24トンは北京と上海で販売され、それぞれ12トンを割り当てた。速くも、これらの米はすぐに品薄になり、これは同課の予想を大きく超えた。

 販売の初日、北京、上海の各地で売れた量は、それぞれ300袋と500袋であった。同課担当者は、「一回目の売れ行きを見て、驚きました。第一には、早く売れ、第二には高く売れることです。これは私たちの予想を遙かに超えました。さらには、198元の袋の方が、188元のそれより早く売れたのです」。

 日本のブランド米の販路はこのように好調で、中国に購買力の高い消費層が出現したことを顕している。一度に20袋・30袋とまとめ買いする客が比較的に多い。同課の担当者によると、「少し大きい会社は、謝意を表すため彼らの取引先にこれらの米を礼品として贈ります。また少し大きい組織は、従業員を奨励するため、米を褒賞品として買います。これ以外にも、少し富裕な階層は、同様に比較的に多く買います」という。

 日本の米を販売する過程では、高価格は多くのスーパーマーケットが販売するのに障害とはならず、ブランド米を販売できるよう希望申請しているという。

 日本と唯一米の輸入約定のものに調印しているのは、中国の中糧集団で、独占代理だ。中糧集団の記者会見によると、日本からの輸入米はすでに中国国内で米が主食となっている大都市の大型消費者にとって主要な地位を占めており、その末端価格は日本での基本コスト、運賃、関税、及びリスクなどを勘案して決定しているという。

 「主要なコストには、関税と運賃が含まれており、運賃は関税より比較的高く、関税はわずかに1%で、運輸費用はおおよそ5%から10%です」と同課担当者は明らかにした。

 「コシヒカリ」と「ヒトメボレ」の中国国内の販売価格は、日本国内より遙かに高く、国内の2-3倍だ。「国内では、同様の品種の米は、それぞれの2キロ当たりの売り値は、約60―70人民元です」(同課担当者)という。

 これ以外にも、それらの中国香港での売り値もまた、同様に中国国内よりも安価だ。同課担当者によると、「同様の類型の米は、香港ではそれぞれキロ当たりの売り値が、約65人民元です。私たちの推計では、中国国内では大概がこの売値なのでしょうが、1キロ当たりが99元とは思いもよりませんでした。これは香港よりも割高で、全く意外です」という。

 同課の観測では、中国国内の市場では、今後日本のブランド米が値下がりする可能性があるが、日本はこれからも末永く中国へ米を輸出できるようにと希望している。

 
(翻訳=青嵐)


 (08/02/22 01:49)  





■関連文章
  • 【神韻芸術】米国の友人に勧められて鑑賞、「中国人としての誇り」感じる(08/02/21)
  • 【神韻芸術】日本公演閉幕、熱演に万雷の拍手(08/02/21)
  • 【神韻芸術】中国人留学生、「中国人の誇りを再認識した」(08/02/21)
  • 【神韻芸術】大陸から来た中国人、「中国の希望を見た」(08/02/21)
  • 中国共産党のプロパガンダなき純粋芸術とは(08/02/20)
  • 【神韻芸術】中国文化の美しさと中共政権の理不尽さ=八尾市議(08/02/19)
  • 【なぜなに中国語】(8):この踊りは、一体何?(08/02/18)
  • 【神韻芸術】名古屋公演、感動の嵐(08/02/18)
  • 【神韻芸術】中国大陸からの観客 「『神韻』に巡り会えたことは私の光栄です」(08/02/18)
  • JALが最大1500億円の資本調達で最終調整=関係筋(08/02/15)
  • 英国オリンピック委員会、中国当局非難禁止を選手に要求(08/02/14)
  • 【神韻芸術】日本公演、各界の著名人も感動(08/02/14)
  • 【なぜなに中国語】(7):この競技種目は、一体何?(08/02/13)
  • 【神韻芸術】「神韻」待望の開幕 早くも日本の観客を魅了(08/02/13)
  • 最高裁判所付属陳情窓口で、直訴者暴力によって死亡=北京(08/02/09)