印刷版   

ビーフンで36人が食中毒=中国湖北省

 【大紀元日本5月7日】中国湖北省武昌市で2日間のうちに5件、36人が食中毒を起こし入院するという事件が発生した。

 報道によると、5月4日、現地のある電信会社の従業員11人が社員食堂でビーフン炒めを食べた後、次々と悪心、嘔吐などの症状により入院した。別に母娘が家でビーフン炒めを食べて具合が悪くなり病院で診察を受けたという。さらに3日も同じような事件が3件発生しており、23人がビーフン炒めを食べて不調を訴えた。

 疾病予防部門の初期調査で、ビーフンは全て買われた後しばらくしてから食べていたことが分かっている。

 
(翻訳・市村)


 (08/05/07 08:35)  





■関連文章
  • 連日暴雨、大型山崩れ発生=中国湖北省(08/04/24)
  • 中国湖北省:暴雨による被害拡大(08/04/21)
  • 中国:2007年食中毒死亡者数、前年比32%増加(08/03/03)
  • 中国湖北省:ダム下流で絶滅危惧種植物が発見される(08/03/01)
  • 中国広東省:深セン市で集団食中毒か、2人死亡(08/02/25)
  • 湖北省:村民が汚染に対し集団抗議(07/10/14)
  • 幼稚園児260人食中毒、管理責任問われる政府当局=中国甘粛省(07/09/23)
  • 北朝鮮:平壌の有名レストランで食中毒発生(07/08/24)
  • 韓国公使急死、中国当局は医療ミス認める=韓国紙(07/08/15)
  • 中国湖北省:当局500人強制立ち退き、住民に暴行(07/07/11)
  • グアテマラ次期大統領候補の集会で120人が食中毒(07/05/22)
  • 中国産有害原料問題、世界各地に波及(07/05/15)
  • 中国製原料から有毒物質、中国側認める(07/04/30)
  • 北京市:巻貝による食中毒発生、市民へ食用しないよう呼びかける(07/04/12)
  • 中国湖北省武漢:医療過誤で危篤状態、数百人が抗議デモ(07/03/22)