印刷版   

白ネズミ大群出現、個人が放したことが原因=広東省

 【大紀元日本7月26日】中国広東省佛山市南海区の花壇に7月21日午後1時ごろ、突然一万匹以上の白ネズミが現れた事件で、個人が飼育しきれず放したためだったことが当局の調査により分かった。

 「南方都市報」によると、この白ネズミの大群は、南海区里水鎮和順村に住む李という人物が飼育していたもので、蛇の養殖場に提供していたが、増えすぎて飼育のストレスに耐えられなくなり、こっそりと外へ放したという。

 本人の話によると、ネズミを飼い始めた当時はたったの2匹だったのが、半年で一日十数匹のペースで繁殖を始め、爆発的に増加したという。最近では蛇の養殖場が元手割れをしたため、ネズミを売ることも飼育することも出来なくなり、また殺してしまうのも忍びなかったことから外へ放すことに決めたのだという。

 この李という人物はすでに警察に拘束され、取り調べを受けている。

 
(翻訳・市村)


 (08/07/26 07:58)  





■関連文章
  • 広東省佛山市に突然現れた白ネズミの大群(08/07/23)
  • 広東省東莞市の社会経済、水不足で崩壊の恐れ(08/07/23)
  • 中国広東省:香港企業2万社が閉鎖の可能性(08/07/02)
  • 土砂崩れで6人死亡=中国広東省(08/07/01)
  • 地震の予兆か、大量のカニが木に登る=広東省(08/06/07)
  • 中国南部で暴雨続き、広東省3大河川に警戒線(08/06/04)
  • 酢よりも酸っぱい雨=中国広東省(08/04/15)
  • 中国広東省:国内最悪の穀物不足、民衆に買い溜め心理(08/04/15)
  • 中国広東省深セン市:北京五輪ボイコット・スローガンで逮捕(08/03/28)
  • 玩具用火薬31トンが爆発=広東省(08/03/21)
  • 建設中のビル倒壊4人死亡3人負傷=広東省(08/03/15)
  • 鳥インフルエンザ・ウイルス変異、専門家注意呼びかける=中国(08/03/12)
  • 米ヤフー個人情報漏洩、再び提訴される(08/03/08)
  • 広東省東莞の紡績工場が倒産、3395人が解雇(08/03/06)
  • 中国広東省で、電力供給の不足が発生(08/03/05)