THE EPOCH TIMES

ユーテルサットW5衛星、アジア向け送信機に空き

2008年08月21日 04時30分
 【大紀元日本8月21日】放送・通信衛星に関する情報を提供しているウェブサイト Lyngemark Satellite は13日、ユーテルサット社のW5衛星が電源サブシステムの故障後も継続してアジア向けに放送していたVOAが停波したことを伝えた。これまでアジア向け送信機の空きがないことを理由に新唐人テレビの放送再開を拒んできたユ社が放送を再開するかどうかが注目されている。

 ユ社は7月25日、W5衛星の故障によって送信ができなくなったユーロニュース、Cミュージックそして新唐人テレビに対して、他に使える送信機がW5衛星にないため、これらの放送局の送信を取りまとめているRRサット社を通じて他社の衛星への振り替えを提案し、ユーロニュースは6月30日にアジアサット2号に移り、また、Cミュージックは現在振替手続中であるが、新唐人テレビは振替案を検討していないと発表していた。新唐人テレビが移動に応じない事情としては、中国国内の視聴者にとって中国共産党の不当な取り締まりをかいくぐってパラボラアンテナの向きを変更することには多大な困難や危険を伴うことや、アジアサットなど、提案されている衛星が中国共産党政権の影響をユ社よりも受けやすいと考えられる会社が運営しているものであることなどが挙げられる。

 一方、VOAを管轄する米国放送管理局はユ社との契約を7月31日に終了させることとなり、これによって故障発生後も引き続きアジア向けに送信されていたVOAの放送が打ち切られることとなった。その結果、VOAが使用していた送信機に空きが生じ、新唐人テレビのW5衛星からの送信が再開できない理由がなくなった。

 
(記者・微好)


関連キーワード

関連特集

^