印刷版   

チベット動乱の犠牲者に黙祷を捧げる在留チベット人・小原カルデンさん(写真=大紀元)

在日チベットコミュニティー、怒りの六本木デモ

 【大紀元日本8月11日】「チベットを返せ!」在日チベット人コミュニティー・TSNJなどの主催により、9日夕から都内港区の中国大使館付近・三河台公園で集会が行われ、在留チベット人、元衆議院議員の牧野聖修氏らが駆け付け、チベット支持者の市民約400人を前に熱弁を振るった。

集会後、デモ隊らは六本木の目抜き通りを行進、中国大使館に届けとばかりに、「チベットを返せ!」と気勢を挙げて土曜午後の六本木ビル街を震撼させた。日没後の午後7時からは、チベット動乱で亡くなった犠牲者のために追悼のキャンドルが灯され、在留チベット人らによって原語の祈りが捧げられた。

在日チベット人コミュニティーは、五輪には反対していないとしながらも、北京が五輪誘致に際して国内の人権状況を改善すると国際社会に約束したにもかかわらず、今年3月にラサに再度進駐したことに怒りの声を挙げている。
元・衆議院議員の牧野聖修氏「日本全国から参集してくれたチベット支援者に心から感謝したい」(写真=大紀元)
「チベット問題を考える会」代表・小林秀英さん「これからは、国会議員にもチベット内部の情報を発信していく」
在留40年のニシクラ・スワンさん「華やかな北京五輪開会式の陰で、一体何人の人たちが犠牲になっているのか」(写真=大紀元)
六本木の目抜き通りを行進するデモ隊の一行(写真=大紀元)
在留チベット人による渾身のマイクパフォーマンス「チベットを返せ!パンチェンラマを返せ!」(写真=大紀元)
キャンドルを灯す日本人支援者(写真=大紀元)
キャンドルを灯す日本人支援者(写真=大紀元)
チベット動乱の犠牲者に追悼の祈りを捧げる在留チベット人女性(写真=大紀元)
キャンドルを灯しての平和への願い「ピースサイン」(写真=大紀元)


音声: 
(チベット語の祈り)


(記者=青嵐)

 (08/08/11 07:34)  





■関連文章
  • ネパール中国大使館警備強化、チベット人抗議者300人拘束(08/08/10)
  • 強制送還された抗議者3人、ニューヨークに戻る(08/08/10)
  • 北京は厳重警備された強制収容所=インド紙社説(08/08/10)
  • 五輪開会式1時間前、「鳥の巣」付近でチベット旗で抗議(08/08/10)
  • 北京五輪開幕、世界各地で抗議活動(08/08/09)
  • 五輪参加選手40数人、中国当局に連名嘆願書提出か(08/08/07)
  • 五輪スタジアム付近で横断幕を掲げるチベット支持者ら、全員逮捕される(08/08/07)
  • 北京五輪前、チベット寺院取り締まり強化(08/08/05)
  • EU議会議長:人権に関心を、五輪選手らに呼びかけ(08/08/05)
  • 北京、海外報道関係者を制御開始=仏メディア(08/08/02)
  • IOCが中国当局に妥協=ネット封鎖解除ならず(08/08/01)
  • 8月3日【大紀元セミナー】チベット弾圧、四川大地震、北京五輪…中国はどこに行くのか?(08/07/30)
  • 中国当局の愛国教育に不満、僧侶自殺=チベット自治区(08/07/29)
  • 北京五輪期間中、集会・デモ専用区開放=当局の真意は…(08/07/26)
  • チベット・ラサ:中共軍派遣増加、五輪直前の制圧を強化(08/07/26)