印刷版   

 フォンテラ社のロゴマーク

ニュージーランド酪農大手:中国投資、全額回収不能の見込み

 【大紀元日本11月30日】ニュージーランドの大手酪農会社フォンテラ社の2008年の年次会議で、ハイデン会長は、同社が中国の酪農大手「三鹿グループ」への投資した1・07億ドルは全額回収不能になったと公表した。

 2006年、フォンテラ社は「三鹿グループ」の株43%を1.07億ドルで取得した。今年9月、「三鹿グループ」生産の乳製品に有毒物質メラミンが添加された事件が発覚した。その直後のフォンテラ社の公表によると、その時点で、7割の投資は損失した。

 今回の会議で、ハイデン会長は、「現状況を見る限り、残りの3割も回収不能と判断しざるを得ない」と示した。「この投資プロジェクトはなぜどん底までに失敗したのか」と社内調査が行われているもよう。

 

 (記者・唐誠、李ベイ、翻訳編集・叶子)


 (08/11/30 08:57)  





■関連文章
  • 中国長者番付トップ逮捕、投資危険性が再浮上(08/11/30)
  • 米製造粉ミルクから微量メラミン=FDA(08/11/27)
  • 中国経済活性化法案、長期発展の時限爆弾=国内経済学者(08/11/21)
  • ヤフー株価下落止まらず、CEO退任発表(08/11/19)
  • 中国大陸水産業、数年前からメラミン使用(08/11/18)
  • メラミンより毒性が強いクレンブテロール食中毒が発生=中国浙江省(08/11/17)
  • 食品安全問題:米国政府、保険関係部門長官二人を中国に派遣(08/11/16)
  • 中国輸出小麦粉、メラミンだけでなく害虫も=キルギスタン(08/11/15)
  • 中国大陸産養殖魚用飼料から基準値以上のメラミン=香港(08/11/13)
  • NZ総選挙:政治経歴わずか6年、キー新首相誕生(08/11/10)
  • 再び中国製有毒原料、汚染へパリン製品押収=米国(08/11/09)
  • メラミン汚染問題、中国の全養殖業に波及(08/11/07)
  • 中国有毒粉ミルク事件訴訟、政府関与で全件不受理(08/11/06)
  • 中国有毒乳製品の製造メーカー、社名変更して生産再開(08/11/03)
  • 有毒牛乳被害者が抗議活動中、販売業者から暴行(08/11/02)