印刷版   

ダライ・ラマ後継者の最有力候補と考えられているカルマパ17世(EMMANUEL DUNAND/AFP/Getty Images))

若きカルマパ17世、ダライ・ラマ後継者最有力候補

 【大紀元日本11月26日】ダライ・ラマ14世(74)は、後継者である活仏が完全にチベット運動をリードできるまでに、チベット仏教第3位の活仏のカルマパ17世(23)を代理人とする考えを示した。

 1週間前にダラムサラで行なわれた亡命チベット人大会で、ダライ・ラマが提唱した中道路線を維持することを決定すると共に、ダライ・ラマの後継者が中国側に再び拉致されないように明確な後継者計画の提出も討論された。会議中この構想を提案したハーバード大学ロースクールのチベット事務専門家Lobsang Sangay博士によると、この提案は現在最高位の僧侶たちが検討中であるとしながら、多くの人はカルマパが適任と考えているという。

 *カルマパ17世、ダライ・ラマと親子同様

 情報筋によると、カルマパ17世は、チベット東部の遊牧民の子供として生まれ育てられた青年で、2000年にチベットから逃亡したことで国際社会を驚かし、一躍有名人になった。国際チベット団体スポークスマンのサンドス氏は、ダライ・ラマはカルマパ17世と親密な関係を保てていて、まるで親子のようだと示した。

 一方、ダライ・ラマは23日の記者会見でもカルマパ17世を称え、今後は重要な役割を担うと示したが、具体的なことは明らかにしていない。

 ダライ・ラマの「転生」した者を後継者に指名する伝統的な方法では、チベット政府が真空状態に陥ってしまい、中国当局に隙に付け込まれて別のダライ・ラマを指名されると、亡命チベット人たちが懸念している。一方、ダライ・ラマが生前から後継者を指定することになると、北京側にダライ・ラマが政治のために宗教伝統に違反することを指摘されるのを懸念する。代理人を任命することでダライ・ラマの死後、亡命政府が崩壊させないための苦肉の策とみられる。

 ダライ・ラマのスポークスマンのダンジェンタラさんは、「伝統によると、通常では代理人を任命する。代理人の役割として、政治的な部分より精神的な部分が多く占める」と示した。

 (翻訳編集・余靜)




 (08/11/26 07:56)  





■関連文章
  • 中国統一戦線部チベット局長が免職処分(08/11/23)
  • 亡命チベット人大会、独立主張する若い世代(08/11/22)
  • チベット亡命政府、独立路線示唆(08/11/20)
  • ダライ・ラマ14世、オバマ次期米大統領に祝意(08/11/09)
  • ダライ・ラマ、チベット自治権拡大に悲観論(08/11/05)
  • 在日中国少数民族、対中共で連帯(08/10/21)
  • チベット自治区でM4・0の地震発生(08/10/11)
  • ドイツ政府メディア、中共擁護の副部長解任(08/10/09)
  • チベットで地震発生、30人以上死亡(08/10/07)
  • 死後19日経った高僧の肉体に体温(08/10/07)
  • チベット・ラサ市:園児十数人が腎臓結石(08/10/06)
  • チベット自治区、上層幹部の人事異動(08/10/05)
  • チベットで肺ペスト発生2人死亡(08/10/02)
  • 温家宝首相訪米:多数の抗議団体、中国国内の迫害停止呼びかけ(08/09/27)
  • 米人権議員連盟、北京五輪後の中国の人権侵害に注目(08/09/21)