印刷版   

深刻な干ばつで73万人が水不足=山西省

 【大紀元日本12月20日】干ばつが深刻な中国山西省では300万畝(ムー:1畝は6・667アール)以上の冬小麦が被害を受け、73万人の飲用水が不足しているという。

 水文気象部門資料によると、10月の山西省の平均降雨量は17・7ミリ。例年に比べ14・7ミリ減少している。また11月の全省平均降雨量は3・6ミリと例年を大きく下回り、10・1ミリ減だという。

 12月の現在までに山西省全省範囲ではほぼ降雨はゼロであり、運城と北中部の一部地区を除き、大部分の地区では依然として干ばつが続いており、拡大している。中でも中度及びそれ以上の干ばつは主に北部と中南部の大部分の地区で見られているようだ。

 
(翻訳・坂本)


 (08/12/20 12:01)  





■関連文章
  • 中国山西省:村の選挙現場に機動隊1500人出動(08/12/11)
  • 中国:石炭価格下落、業界真冬に突入(08/11/14)
  • 贅沢な北京五輪、周囲の農村は極度の水不足(08/08/21)
  • 緑と水にうるおう北京、干害に苦しむ隣省(08/08/15)
  • 新疆ウイグル自治区、30年来最も深刻な干ばつ(08/07/26)
  • 広東省東莞市の社会経済、水不足で崩壊の恐れ(08/07/23)
  • 山西省で炭鉱事故発生21人死亡(08/07/08)
  • 中国陝西省:厳しさを増す干ばつ、34万人の飲用水不足(08/06/10)
  • 北部の大干ばつ、中国の食糧生産に危険信号(08/04/17)
  • 中国北部地区深刻な干ばつ、食糧供給に赤信号(08/04/16)
  • 干ばつにより67万人の飲用水に影響=中国遼寧省(08/04/15)
  • 中国山西省:高濃度化学汚染物質排出工場の稼働停止を求め、住民が集団抗議(08/03/06)
  • 北京五輪水不足解消プロジェクト急ピッチ、懸念されるその影響(08/03/04)
  • 中国の深刻な砂漠化、北京に迫る砂丘(08/02/24)
  • ラニーニャ現象による豪気象パターン、08年半ばまで続く見通し(08/02/01)