THE EPOCH TIMES

中国北方の鳥インフル感染、リスク増大を懸念=香港大学専門家

2009年01月11日 13時12分
 【大紀元日本1月11日】深セン市在住の女児がH9N2鳥インフルエンザに感染していると診断され、隔離治療を受けることになった後、北京の女性(19)が5日に高病原性H5N1型鳥インフルエンザ・ウイルスに感染し死亡した。専門家によると、今回の例はこれまでにめったになかった北方での発生であり、さらなるウイルスの拡散を懸念しているとのことだ。また最近同時に現れたH9N2型とH5N1型鳥インフルのヒトへの感染例を挙げ、ウイルスが変異するリスクの増大を指摘した。

 香港大学感染および伝染病センター総監督・何柏良氏は06年から08年、中国大陸でのヒトあるいは動物が感染するインフルエンザの例は全て東南地方と南方の省で発生しているが、今回の死亡例および感染した恐れのある鴨は全て北方の河北省に存在し、めったにないことと示し、ウイルスが変異していることを懸念している。

 何氏は、動物でも人類でも感染例は大部分が中国東南地方、特に南方の省で発生している。だからヒトや動物に感染した例が北方で現れることは非常に少なく、特に現地でもし鳥インフルが動物の体で発生していなければ、注意が必要で迅速な病理分析が必要であると述べた。また、ウイルスが変異してるのか、国内で迅速に調査を済ませなければならないという。

 何氏は、鳥インフルエンザ・ウイルスのさらなる拡散を懸念し、「その時期は帰省や物流が増える旧正月。旧正月は家族が大勢集まり、生きた家禽持ち帰ることで、ウイルスを持つ家禽がいれば多くの省に拡散していく恐れがある」と話している。

 *ウイルス交差感染でリスク増大

 香港と北京でそれぞれヒトへの感染が起きたH9N2型およびH5N1型鳥インフルエンザ病例について何氏は、ウイルス交差感染と変異のリクスが増大するものとみている。「もし人或いはその他の動物の身体が、同時に鳥インフルエンザと人のインフルエンザに感染してしまったら、この2つのウイルスに交差感染が起きる機会ができてしまう。この観点から見ると、もしこの児童がたびたびH9N2に感染していたとして、我々の現時点での観察でそれほど容易に発見できるものではないとすれば、この児童が同時に二重感染をすることは容易であり、すなわち児童の体内でウイルスのミックスが起こるリクスが存在することを意味している。

 鳥インフルエンザ・ウイルスは生きた家禽の体内で生存しており、人間が生体から感染するリスクは死んだものから感染するよりも高いことから、何氏は家禽を処理するときに注意が必要とし、「一旦発病したら、その動物は排せつした便の中だけではなく、内臓さらには血液、肉の全てに多くのウイルスが存在している。だからもしこれらの動物を洗浄或いは堵殺したならば感染の機会は相当高いだろう」と述べた。先日北京で死亡した感染患者は生前、鴨に接触し、鴨肉を食べていたという。

 現在気温はますます下がっており、インフルエンザのピーク時期に入る。何氏は市民に対し、海外旅行時に鳥との接触を避けるよう呼び掛けている。「なぜなら中国大陸以外にも、香港などの人々も東南アジアの国へよく行っており、これが鳥インフルのピークと重なっている。天気が変わるにつれますます寒くなっており、ウイルスがさらに活発になっている。このことから香港市民はさらに意識を高める必要がある」

 *家禽からH9N2型ウイルスに感染した女児

 香港衛生署防護センターは7日、昨年12月30日にH9N2型鳥インフルエンザ・ウイルスに感染した2か月の女児のウイルスの遺伝子配列研究を完成し、ウイルス遺伝子が家禽からのものであったことを実証した。さらにヒトのインフルエンザ・ウイルス遺伝子との組み合わせは発見されず、ウイルスが人から人へ移るリスク増加もないという事が明らかになった。女児は現在別の病気で屯門の病院で治療を受けており、H9N2型による感染は治療済みである。また、今月2日に採取した鼻咽の分泌物サンプルがH9N2型ウイルスに対し陽性反応を示したが女児と密接に接触した人々は感染していなかったという。

 同センターのスポークスマンによると、この女児のウイルスサンプルの中から得た8本の遺伝子配列からウイルスは家禽からのものであることが明らかとなり、さらにこのウイルスは2007年に9か月の女児から検出されたH9N2型ウイルスに酷似しているとのこと。

 この女児のウイルスは、抗ウイルス薬物シンメトリル (Symmetrel)とタミフルに耐薬性を現わしていないという。スポークスマンは流行病学と遺伝子研究の結果、H9N2型ウイルスには人から人へ移るリスクが増大する様子はないと伝えている。

 中国農業部は7日晩、北京、天津、河北の3つの省市での鳥インフルエンザの発生は確認されていないと発表した。病死した女性が鴨を購入した家禽市場がある河北省三河市政府によると、市場内で鴨の生体を販売していた従業員15人と市内2千人以上の発熱した病人はすでに検査を行い、全て問題はなかった。市内の家禽飼育場でも問題は発生していない。

 ある作業員が7日朝、同市場で消毒剤を噴霧し、化学試験用サンプルを抜き取っていた。すでに生体家禽の販売はしておらず、堵殺された鶏及び家禽の内臓もしばらく販売を停止するという。

 ある鶏販売業者は、何が起きているのかよく分からない、ただしばらくの間生きた家禽を販売してはならないことを知っているだけだという。

 
(記者・林怡、翻訳・坂本)


関連キーワード

関連特集

^