THE EPOCH TIMES

【神韻公演Q&A】トップスターを紹介して!(歌・演奏編①)

2009年01月02日 00時00分
 【大紀元日本1月2日】

【歌・演奏編①】

関貴敏(グアン・グイミン、Guimin Guan)

 テノール歌手で、中国の国家1級アーティスト。中国音楽学院歌劇科卒業。「中国の歌王」と称された国民的歌手で、クラシックの発声法と中国の民族歌謡を融合させ、独自の世界を形成している。1970年代後半から90年代にかけて数多くの映画主題歌を歌い、中国の人々を魅了した。透明感のある高音域は、類まれな技巧と無限のエネルギーを感じさせる。現在、神韻国際芸術団の副団長兼メインソロ歌手。
全世界華人新年祝賀祭ニューヨーク公演で熱唱する関貴敏さん(写真=新唐人、2006.1.20)


関貴敏さん(写真=戴兵/大紀元)



洪鳴(ホン・ミン、Hong Ming)

 テノール歌手で、中国の国家1級アーティスト。各種の声楽コンテストで33回の受賞歴を持つほか、各国元首や政府首脳のための特別公演で、10数回の出演経験がある。2008年、新唐人テレビ主催の第2回全世界華人声楽コンテストで男声ベルカント唱法の部金賞受賞。現在、神韻芸術団のメインソロ歌手。
第2回全世界華人声楽コンテストで金賞を受賞した洪鳴さん(写真=戴兵/大紀元)



(T.O.)

関連キーワード

関連特集

^