印刷版   

休み時間の16カ国調査、ネットに費やすのは中国人がトップ

 【大紀元日本1月11日】英BBCの中国語ネット報道によると、このほど、世界16カ国の2万7千人のインターネット利用者を対象に行われた調査で、休み時間を最もインターネットに費やしているのは中国人であるという。

 調査に参加しトップに躍り出た中国人は、毎日平均休み時間の44%をインターネットに費やしているという。実にデンマーク人の3倍である。全対象者の中で、25歳以下の者は毎日平均で休み時間の36%をネットに使っている。

 これに対して、米・英のネット利用者は共に平均数値より低く、それぞれ休み時間の30%および28%をネットに利用している。一方、中国の若者らは休み時間の50%をネットに費やしている。

 報道によると、中国の若者はネットを利用するが、ネット上の友人らと会う情熱はさほどでもないという。今回、調査対象者全員に対して、ネット上で1度しかチャットしたことのない相手と会った者の調査結果は60%を占めている。これに対して、中国人ネット利用者は16カ国の中で最も低い40%を示した。一方、ドイツ人の場合は、チャット相手と会った割合は4分の3を超えているという。

 報道によると、英国の家庭の主婦はネット利用者の大半を占めているという。この特別な主婦軍団がネットを利用する時間は中国人より上回り、平均毎日47%の休み時間を費やしているという。

 今回の調査は世界市場情報グループのトランゼクション・ネットワーク・サービス(TNS)が発起し、16カ国の計2万7千人、18歳から55歳のネット利用者を対象とした調査である。

 TNS取締役社長ヘモストンさんは、現在では、ネット上での交友が認められつつあるとし、大多数の人はこれが正式な社交活動としても認めていると示した。

 
(翻訳編集・余靜)


 (09/01/11 22:28)  





■関連文章
  • 中国当局、ネット情報制御強化(09/01/11)
  • 【英国通信】本当のクリスマス精神とは?(08/12/31)
  • 英国:有名子供服ブランド、破産申告(08/12/30)
  • 情報の完全封鎖はできない=米フリーゲイト・サイト(08/12/29)
  • 世界初、コンタクトレンズを入れたネコ=英国(08/12/29)
  • 国連・中国拷問問題報告書に、中国当局が抗議(08/12/08)
  • 英国科学大臣 「第六感で未来を予知できる」(08/11/24)
  • 中国の「人権行動計画」に疑問=米紙(08/11/17)
  • 【英国通信】季節はずれの花火大会で大賑わい(08/11/08)
  • 中国人権活動家・胡佳氏、ノーベル平和賞落選=各界から遺憾の声相次ぐ(08/10/14)
  • 中国産牛乳を試飲した英国閣僚、就任当日に腎臓結石で入院(08/10/12)
  • 中共政府、セキュリティソフト・ソースコード開示を要求(08/09/25)
  • 中国製ソファーで、皮膚病発症=欧州(08/09/23)
  • 英国議員、北京五輪参加選手を非難(08/09/07)
  • 多くの男性が、家庭的な妻を望む=英調査(08/09/01)