印刷版   

ハルビンで57人が食中毒=黒竜江省

 【大紀元日本2月26日】中国黒竜江省ハルビン市で2月24日、紅博会購物広場の地下飲食街の麻辣火鍋店で食事をした客が食中毒を起こし。57人が不調を訴えた。

 ハルビン市衛生局・劉明烈副局長によると、同日午後2時半ごろハルビン市衛生監督所は、紅博会購物広場の麻辣火鍋店で食事をした後、悪心、嘔吐などの症状が出たとの知らせを受けた。市衛生行政部門は応急措置として、直ちに病院での診察を手配した。

 今朝までに関連病院は似たような症状の患者57人を診察したが、現在、治療により症状が落ち着いた28人はすでに退院し、重篤や死亡した人はいないという。

 関係者によると、患者たちの症状は亜硝酸塩(防腐剤の一種)の過度の摂取によるものであるという。

 
(翻訳・坂本)


 (09/02/26 02:49)  





■関連文章
  • 農民100人が省政府庁舎前で抗議、3人が拘束=中国ハルピン(08/11/24)
  • 五輪トーチリレー都市で、法輪功学習者が大量逮捕=中国(08/07/15)
  • 中国黒竜江省で高温警報発令(08/06/18)
  • 有毒ガス漏えい、3人死亡=中国黑龍江省(08/06/09)
  • 「人権聖火」黒竜江省に現れる(08/04/03)
  • 中国広東省:深セン市で集団食中毒か、2人死亡(08/02/25)
  • 失地農民4万人、ネットで土地奪回宣言=中国黒龍江省(07/12/18)
  • 中国広東省:密造食塩で食中毒者続出(06/11/08)
  • 中国、陳情事件過去20年500倍に増加(05/11/02)
  • 中国黒龍江省:M5.1の地震、十数人負傷(05/07/26)
  • 黒竜江沙蘭の水害は人災  軍警の現地駐在で情報閉鎖(05/07/16)