印刷版   

2009年2月27日に貴州省桐梓県で撮影した地下から燃えている炎(大紀元資料室)

2カ月以上燃え続ける地下からの炎=貴州省

 【大紀元日本3月18日】貴州省桐梓県で2カ月前に地下から不思議な炎が噴き出して、今でも燃え続けている。その原因は現在調査中である。

 昨年12月に、貴州省桐梓県市街地から16km離れた燎原鎮橋頭村の山道付近に突然地下から炎が噴出して、今でも燃え続けている。現地村民はこの火を利用し、湯を沸かしたり暖をとったり、さらに豚足、トウモロコシ、卵などを煮込んで料理したり、洗濯物を乾かしたりしているそうだ。

 この燃え続けている炎は、消える気配はなく、むしろ勢いが徐々に強くなっている。現在、この炎が燃えているところの道路に直径2メートル、深さ5メートルの陥没ができて、そこから太さ1メートル、高さ2メートルの炎柱が燃え上がっている。さらに周囲100メートル範囲の地面に20カ所の小さな燃えている炎が現れており、多くの箇所に噴煙も見られてる。

 火口が次第に増加、範囲も拡大しており、この不思議な現象に、現地の村民は生活や住居の安全が脅かされるのではないかと心配している。


(翻訳編集・坂本)

 (09/03/18 00:40)  





■関連文章
  • 中国:キリスト教家庭教会、イブ前強制取り締まり(08/12/26)
  • 地下鉄工事現場陥没、50人生き埋めに=浙江省杭州市(08/11/18)
  • 手足口病流行で乳児3人が死亡=福建省(08/10/23)
  • 五輪閉会直前、カトリック教主教秘密逮捕(08/08/28)
  • 地下油槽漏れ、汚染の恐れ=米国(08/08/15)
  • ブッシュ大統領に会おうとした地下教会牧師、拘束される(08/08/13)
  • 香港:地下鉄で疑似爆発物(08/08/10)
  • 炎天下の東京、「フリー・ウイグル!」(08/08/04)
  • 北京五輪に向け全面規制開始、警察関係者数十万人北京に集結(08/07/25)
  • 貴州省:「瓮安事件」を調査中の民間調査員に対する警察の監視及び脅迫(08/07/19)
  • 五輪開催地青島市、原因不明の伝染病蔓延か(08/07/16)
  • 国営企業倒産、従業員が生活費を求め抗議=貴州省(08/07/14)
  • 貴州抗議事件:被害者家族行方不明、村民ら沈黙(08/07/10)
  • 頻発する国内動乱、五輪の脅威として懸念=中国政府官員(08/07/08)
  • 貴州女子中学生強姦・殺害事件、武装警察3千人が厳戒態勢(08/07/04)