印刷版   

1200万人の違法移民を合法化させる体制の必要性を訴えるオバマ大統領(AFP)

オバマ米大統領の移民改革、違法移民の合法化探る

 【大紀元日本4月11日】オバマ米大統領は違法移民の問題解決に着手し、1200万人の違法移民を合法化させる体制を探っている、と伝えられた。

 米紙ニューヨーク・タイムズ4月8日の報道によると、オバマ米大統領は5月に、違法移民問題に関する公開演説を行う予定。今年夏には、民主党と共和党の議員を含める共同チームを召集し意見交換を行い、秋までに移民改革の立法準備をスタートさせる。

 ある米政府関係者は、オバマ大統領の移民改革政策は、違法移民に罰金とその他の罰則を課してから、合法移民に転向させる体制を探っていると発言、すでに米国で働いている数百万人の違法移民について、身分を承認するとの意向を示した。また、今回の移民改革政策は米国労働市場に新たな違法移民が流れさせないとも示した。

 その前の3月18日午後、オバマ米大統領はロサンゼルスでの国民大会に出席する際に、移民改革の重要性を再強調した。米国に居住している1200万の違法移民について、身分を合法化させる体制を探る意向を示し、「英語を学習し、一定の罰金を払い、それから合法移民になる隊列に並ぼう」と述べた。

 違法移民への対処について、米国国民の意見が大きく分かれている。共和党の反対陣営は、違法移民合法化の移民改革に断固として反対している。

 一方、下院議員のフレーク氏は議会にH1B新法案を提出した。米国で博士の学位を得た外国人について、H1Bの制限枠に編入せずに、永住を許可するとの内容である。法案の主旨は、高知識層の移民が経済の衰退により米国を離れるのを防ぐためという。この種の移民はインドと中国人が多い。

 米国のリサーチ会社の調査によると、外国人留学生は米国の博士の大半を占めている、過去一年間コンピュータ専門の博士学位を取得した1597人中、外国人は55・5%を占めたという。

 

 
(翻訳編集・叶子)


 (09/04/11 12:31)  





■関連文章
  • 国連人権理事会建て直しなるか:米国、理事国選挙に初出馬(09/04/04)
  • 米オバマ大統領、GM・クライスラー再建計画提出期限を通告(09/03/31)
  • 米元運輸長官、都内で講演(09/03/20)
  • 豪州政府、保護申請の中国人に損害賠償支給か(09/03/18)
  • 米著名投資家ソロス氏、世界金融システム崩壊、解決法なし(09/02/23)
  • 世界で最もお金のかかる政党(09/02/21)
  • 米政界で頭角を現すアジア系後裔(09/01/28)
  • 史上最年少のホワイトハウス住民、オバマ大統領の娘たち(09/01/25)
  • 米新財務長官、米中戦略経済対話継続は保証せず(09/01/23)
  • オバマ演説検閲事件:中共外交部、メディアの編集自主権と弁解(09/01/23)
  • オバマ大統領、就任宣誓やり直し(09/01/23)
  • 中国メディア、オバマ就任演説から敏感語句カット(09/01/22)
  • 伝統的価値観に則り、責任を果たす=第44代米大統領誕生(09/01/21)
  • オバマ氏大統領就任祝賀行事、米史上最大イベント(09/01/18)
  • <改革・開放30周年>元国家主席ブレーンが語る中国・改革の終焉(08/12/22)