印刷版   

天安門広場に集まった学生たちに呼びかける故・趙紫陽元総書記(AFP)

故趙紫陽・元総書記の回想録、香港で出版

 【大紀元日本5月15日】中国の故・趙紫陽・元総書記の回想録がこのほど、香港で出版された。1989年に武力弾圧された大学生民主運動「天安門事件」に関する政権内部の動きなどが明らかにされた。

 同回想録は、趙紫陽・元総書記は生前の口述の録音に基づいて作成された。その録音テープは趙氏の友人が提供したものである。

 当時の趙紫陽・総書記は天安門事件での大学生への武力弾圧を反対したために、総書記の座から下ろされ、自宅軟禁を強いられた。15年後の2005年に逝去した。

 この回想録の序文では、こう書き記した。「趙紫陽氏がこの世を去った時、これらの録音テープの存在を知る関係者は陰で様々な努力を行い、これらの資料を集めて、録音の内容を書き写して、出版に備えた」。

 この回想録は、軍が数百人以上、ひいては数千人の大学生を殺害した際、趙紫陽氏の感受を書き記した。

 趙紫陽氏は、「6月3日夜、私は家族と一緒に庭に佇んでいた。そして、激しい銃声が聞こえてきた…世界を震撼させる悲劇は避けられなかった」と語った。

 数日後に、最高指導部は同氏を総書記の座から降ろした。

 また、同回想録によれば、この武力弾圧の決定を下したのは、同年5月、当時のトップ鄧小平氏が参加する中央政治局委員の重要会議である。

 鄧小平氏はこの会議で、大学生の民主運動が続いたのは、趙紫陽氏がその前に発表したある演説のせいであると断定、「現在、状況を完全にコントロールするためには、その他の選択肢がない。我々が決めた、軍を市内に進駐させ戒厳を行う」と宣告した。

 議事録では、「当時、私は極度にイライラしていた。自分にこう告げた、何があっても、大学生を武力弾圧する命令を下す総書記には絶対にならない」と趙紫陽氏は自分に言い聞かせた。

 その二日後、趙紫陽氏は公で姿を現した、天安門広場で涙を堪えながら、集まっていた大学生に対して、抗議を止め解散するよう勧告した。その翌日、最高指導部は戒厳令を発動した。

 この回想録はいま香港で発売されている。関係者によると、中国国内での正規ルートでの出版は不可能であるという。

 趙紫陽氏の元政治秘書・鮑彤氏は、この本の出版は国際社会による天安門事件への議論を起こすであろうと語り、「最も最悪なのは、ことの真相は尽く封じられて、議論することすら禁止されている。彼ら(中国当局)がこのような道のりを歩み続けるのであれば、人民の憤慨をますます激化させるだけ」と述べた。

 今回の回想録を出版したのは、香港の「新世紀出版社」。その経営者は香港に移住した鮑彤氏の息子・鮑朴氏。いま、香港の書店にて発売されている。

 

 
(翻訳編集・叶子)


 

 (09/05/15 06:54)  





■関連文章
  • オバマ米大統領、監禁中の中国人記者らに言及(09/05/06)
  • CCTVの弾圧報道で法輪功の歴史的功績を認識(09/03/14)
  • 趙紫陽元秘書鮑彤氏、神韻芸術の感化力と生命力を語る(09/01/31)
  • <改革・開放30周年>元国家主席ブレーンが語る中国・改革の終焉(08/12/22)
  • 何清漣氏:中国の誤った経済政策、「富国強兵」(08/12/10)
  • 故趙紫陽・元総書記の名誉回復求める人権活動家、逮捕される(08/10/08)
  • 五輪開催都市でインターネット封鎖実施(08/08/05)
  • ロンドンで行われた天安門事件記念活動=英国(08/06/07)
  • 六四天安門事件19周年、追悼集会に5万人=香港(08/06/06)
  • 「六・四」天安門事件19周年、都内で記念集会開く(08/06/04)
  • 中国:高騰する物価、天安門事件の前兆を予想する専門家(08/04/22)
  • 三峡ダムがもたらす環境・自然災害、収拾のつかない事態になる可能性=中国環境問題専門家(07/12/04)
  • 故・趙紫陽元総書記も法輪功弾圧に反対「人類史で希な大事件」=趙氏の親友が語る(07/12/03)
  • 米「ヒューマン・ライツ世界組織」、中国の人権侵害でヤフー訴える(07/08/31)
  • 社会対立の緩和を試みる胡・温政権の和解策(07/08/23)